国際生の多いインターナショナルな環境で
生徒の論理的思考力や個性を伸ばす

啓明学園中学校高等学校

創立以来、国際色の豊かさが特長の啓明学園。クラスに「国際生」が3割以上在籍するという環境で、幼稚園から高等学校までの15年間の一貫教育を実践している。論理的な思考力を育てる理数教育にも定評があり、海外を含めて進路先は幅広い。

啓明学園中学校高等学校
北原都美子理事長・学園長

 東京の郊外・昭島市にある啓明学園。

 自然に恵まれた約3万坪という広大な敷地の中で、幼稚園から高等学校までの一貫教育が行われている。

 創立者・三井高維(たかすみ)氏が、1940年、英国留学で受けた教育を生かそうと、「国際社会で活躍できる教育の実践」を目指す帰国子女教育の学校を、私邸に開設したことに始まる。今年度、創立80周年を迎える私学の伝統校である。

 同校の特徴は、「国際生」と呼ばれる帰国生や外国籍の子弟など、異文化の生活を経験した生徒たちが、中学校で4割、高等学校で3割以上在籍していることだ。国際生の出身国・地域は40にまで及び、まさにインターナショナルな環境が日常の中にある。

「中高の多感な時期に、このような国際的な生徒たちと触れ合うことで、さまざまな文化を身近に感じ、その多様性をお互いに認めて学ぶ姿勢が身に付くと考えています」

 北原都美子理事長・学園長は、啓明学園の長所をそう語る。

コミュニケーション重視の
英語教育を実現

中学校での授業風景。国際生も一般生と同じホームルームクラスに在籍する。啓明学園では有事の情報収集体制も整っており、海外のネットワークも駆使して収集される

 国際生は一般生と同じホームルームに在籍するが、教科ごとに習熟度別クラスが編成されている。例えば、英語ならば、国際生は2クラス編成でネイティブ教員による欧米のカリキュラムに沿った授業を実施、一般生も2クラス編成で、英語4技能に「思考力」を加えた五つの能力をバランスよく育て、中学3年の約4割が英検準2級以上を取得する。

「中学入学時には英語が話せなかった一般生が、国際生の友人ができたことで英語力を伸ばし、高校1年で英検準1級を取得してICU(国際基督教大学)に進学した例もあります。国際生と日本で育った一般生が、日常生活や行事で関わり合うことで、さまざまな価値観が共有されて視野が広がる。結果的に、コミュニケーション重視の英語教育が実現しています」(北原理事長)

 中学2年以上の生徒を対象に、5年間で最大10回の海外体験学習を実施するなど、世界を体験するプログラムも充実している。2018年にはラウンドスクエアの正式加盟校となって、加盟校同士の交流が始まった。19年には海外協定大学推薦制度(UPAA)と協定を結び、英国と米国の協定校21大学への学内推薦が可能になった。同制度では国内受験とのグローバル併願も可能になるため、進学の選択肢が広がることになる。

ラウンドスクエアに正式加盟

 ラウンドスクエアは、世界50カ国の私立学校約200校が加盟している、国際的な私立学校連盟。啓明学園は2018年に正式に加盟、選択授業の「国際理解」、必修科目の「グローバルスタディーズ」の授業を通して、加盟国の生徒と交流を行っている。最近では、環境教育の取り組みである「ゴミ対策委員会」の活動を報告したところ、素晴らしい活動であると評価され、ラウンドスクエア本部のホームページで取り上げられた。

TOP