英語教育の伝統を受け継ぎ
新たな魅力を持つ共学校に進化

八雲学園中学校高等学校

2018年に女子校から共学化を果たした八雲学園。米国に独自の海外研修施設を持つなど、独自のカリキュラムで英語教育に力を入れている。今年度は男子生徒数も増え、女子校の伝統を生かしながら、新たな魅力をつくり出している。

八雲学園中学校高等学校
近藤彰郎理事長・校長

「教育は、人づくりです。八雲学園は、弱肉強食の勝者をつくり出す教育はしていません。私たちが目指している人間像は、人の痛みが分かり、配慮できる人間。人に優しく、自分に厳しい人間です。優秀な人ほど、そういう人間でなければならず、その心を持った人たちが連携すれば、世の中はもっと良くなる。その思いが、教育の根幹にあります」

 東京私立中学高等学校協会の会長も務める、近藤彰郎理事長・校長はそう語る。

 八雲学園は1938年に創立された伝統校である。長く女子校としての歴史を刻んできたが、2018年に共学化に踏み切り、今年3期生が入学した。入学者168人中、男子は70人。1年目の36人、2年目の59人に続き、男子生徒数は順調に増えている。

 共学化の目的は、これからの時代、男女が互いに理解を深め、尊重していくことが必要だと考えたからだ。

「男女が3学年そろったことで、学校全体が活気に満ちています。女子は、感情を抑制することを覚えながら、男子に対してもリーダーシップを発揮し、少数派だった男子は、大切にされながらも、女子と協働することに目覚めています。昨年の体育祭のとき、男子がダンスに参加して大活躍した。その姿が今の八雲を象徴しています」(近藤理事長)

卒業までにCEFR(セファール)の
C1レベル到達を目指す

 八雲学園は「英語の八雲」として知られ、伝統的に英語教育に力を入れている。その特徴を一言で言えば、英語に接する機会を数多く設けた、体験重視の英語教育である。

 舞台に1人立って暗唱する「レシテーションコンテスト」に始まり、在留外国人を招いて行われる「イングリッシュファンフェアー」や、クリスマスの「英語祭(朗読劇)」。中学3年次には、生徒全員が2週間、米国カリフォルニア州サンタバーバラにある同校の施設「八雲レジデンス」を拠点に海外研修を行う。同地では、UCSB(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)での特別英語授業の他、姉妹校であるケイトスクールと交流を行う。

米国・カリフォルニア州にある「八雲レジデンス」。専用の校外施設で約5万坪の敷地内には、宿泊施設やゲストハウス、温水プールやテニスコートがある
(上)ラウンドスクエア加盟校として日本で2校目の認定を受けた八雲学園。加盟校同士で訪問し合うなど活発な交流を行っている
(下) 海外との交流も盛ん。米国の名門イエール大学からはアカペラグループが来校する

 14年からは高校生を対象に、3カ月間の米国留学に事前学習と事後学習を合わせた「9カ月プログラム」をスタートさせた。17年には、世界50カ国の私立学校約200校が所属する「ラウンドスクエア」のグローバルメンバー校として、日本で2校目の認定を受け、加盟校同士で訪問し合うなど活発な交流を行っている。

 同校が目指すのは、卒業までにCEFRのC1レベルに到達すること。CEFRは外国語能力の参照基準で英検1級程度、世界の有名大学が留学生に求めるレベルだ。

「毎年、米国の名門イエール大学の学生(アカペラグループ)を招いているのですが、生徒たちは物おじせずに話し掛け、その英語力は私でも驚くほど。決して受験のための英語教育ではないのですが、結果的に英語力を武器に志望校に進学する生徒が多いです」(近藤理事長)

TOP