橘玲の日々刻々 2020年7月16日

アメリカでリベラルと「レフト」が衝突する「人種主義Racism」。
「人種」概念の否定と遺伝的な「ヒト集団」が混乱を起こしている
【橘玲の日々刻々】

 著名な進化心理学者であるスティーブン・ピンカーに対して、アメリカの大学を中心に542人の研究者が、これまでの「人種主義的」発言を理由に、アメリカ言語学会のフェローから除名するよう求める請願書を公開した。それに対して、ノーム・チョムスキー、フランシス・フクヤマ、J・K・ローリング、マルコム・グラッドウェルなどを含む有識者が“A Letter on Justice and Open Debate(正義と自由な討論についての手紙)”で、過剰なポリティカル・コレクトネス(ポリコレ)が思想信条や表現の自由の脅威になっているとの懸念を示した。

 「この息の詰まるような(ポリコレの)空気は、最終的に、私たちの時代の死活的に重要な大義を毀損するにちがいない。(自由な)討論への制約は、抑圧的な政府によるものであれ、不寛容な社会によるものであれ、ちからのないひとびとを不可避的に傷つけ、民主的な参加への道を閉ざすことになる」との一文が、アメリカのアカデミズムをとりまく状況をよく表わしている。

 この象徴的な事件は今後、日本でも多くの識者が論じることになるだろうが、ここではなぜピンカーが「レフト」の標的になるのか、私見を述べてみたい。それは結果的に、「人種主義Racism」がアメリカ社会においてどれほどやっかいな問題かを示すことになるだろう。

リベラルの「楽観主義」こそが、レフトにとっては殲滅すべき最悪の敵

 アメリカでは、過激な主張をする左派を「レフト」とか「ラディカル・レフト」と呼んで、「リベラル」と区別するようになった。彼らが、民主党の大統領予備選などを通じて、トランプ=共和党の保守派だけでなく、リベラルとされる知識人たちをもはげしく攻撃したからだ。ピンカーは「リベラルを騙る人種主義者」の代表として、これまでもずっと標的にされてきた。

 2004年に『タイム誌』の「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれたスティーブン・ピンカーは、『暴力の人類史』(青土社)や『21世紀の啓蒙』(草思社)などで、「18世紀の“啓蒙の時代”以降、世界はますますゆたかで平和になり、人類は幸福になった」と繰り返し述べている。

[参考記事]
●「世界がどんどん悪くなっている」というのはフェイクニュース。先進国の格差拡大にも関わらず「公正なルール」のもとでの不平等は受け入れられる

 こうした「事実(ファクト)に基づいた楽観主義」は、日本でもベストセラーになったハンス・ロスリングの『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(日経BP)も同じで、いったいどこが「人種差別」なのか戸惑うひとも多いだろう。だがこれは、次のように考えればわかるのではないだろうか。

 ピンカーは著書のなかで「世界はますますリベラル化している」として、同性愛者差別、女性への暴力、子どもの虐待・体罰などあらゆる指標において、「今日の保守層の価値観はかつてのリベラルよりずっと“リベラル”になった」と膨大なデータを挙げて示した。問題は、この「リベラル化」に人種差別も加えられていることだ。

 人種分離を求めるKKK(クー・クラックス・クラン)の最盛期は1920年代で、第二次世界大戦後に白人の「戦友」と共に戦った黒人帰還兵たちが反人種差別の声を上げると、全米に共感の輪が広がって公民権運動につながった。1964年にミシシッピ州で公民権運動家3人を謀殺した事件でKKKの凋落は決定的になり、現在は「カルト組織」として細々と命脈を保っているだけだ。

 処刑した黒人を木に吊るす「奇妙な果実」のようなことはいまでは想像すらできず、ほとんどの白人はマイノリティへの差別を嫌悪している。ピンカーにいわせれば、Black Lives Matter(BLM)の運動もアメリカ社会の「リベラル化」の証拠なのだ。

 だとしたら警察による「黒人差別」はどうなのだろうか? これについてピンカーは2015年に、ニューヨークタイズムの記事(Police Killings of Blacks: Here Is What the Data Say By Sendhil Mullainathan /Oct. 16, 2015)を引いて、「データ:警官は黒人を不釣り合いに銃撃してはいない。問題:人種ではなく、あまりにも多くの警官による銃撃」とTweetした。

 記事では、黒人はたしかに警官によって銃撃される割合が高いが、これは人種別の貧困率から説明できるとされている。貧困地区では犯罪が多発し、そこに警察官が出動すれば銃撃事件が起きる可能性も高まる。真の問題は黒人の貧困率が高いことで、それを統制すると「警官が人種的偏見を持っている」とは統計的にいえなくなるという。

 ピンカーがいうように、アメリカ社会が「リベラル化」しており、人種差別や黒人への偏見が(かつてと比べて)解消されつつあるとしよう。しかしそれにもかかわらず、人種別世帯収入の公的調査では黒人の苦境が際立っている。2017年の黒人の世帯収入は4万1361ドル(約440万円)で白人(7万642ドル≒760万円)より4割低く、もっともゆたかなアジア系(8万7194ドル≒930万円)と比べると半分以下で、この経済格差は1960年代と比べて縮小していないばかりか「拡大」しているのだ。

 そうなると、「人種差別がなくなったのに、なぜ黒人は貧しいままなのか?」「同じ人種マイノリティでも、アジア系は白人よりゆたかになったのに、なぜ黒人は貧しいままなのか?」との疑問が出てくるのは避けられない。

 ここから、「アメリカは人種問題においてもリベラルになっている」との主張をレフトが拒絶する理由がわかるだろう。ピンカーは人種についての言及を慎重に避けているが、「人種差別がなくなれば黒人と白人の経済格差はなくなるはずだ(そうでなければならない)」とのイデオロギーを信奉する者にとっては、(経済格差が拡大しているにもかかわらず"リベラル化"を説く)啓蒙主義は「人種主義(Racism)」以外のなにものでもないのだ。

 世界的ベストセラー『サピエンス全史』で知られるイスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリは「リベラルな知識人」の代表とされているが、AI(人工知能)によって人類(サピエンス)は「エリート層」と「無用者階級」に分断されると予言する。これはピンカーの「啓蒙的楽観主義」と比べて、はるかに優生学思想に近い。

[参考記事]
●グローバル化とテクノロジー革命によって国境がなくなり「上級国民(適正者)」と「下級国民(不適正者)」に二極化していく

 それでもハラリが批判されないのは、未来をディストピアとして描いているからだろう。レフトにとっては、「現在は過去より悪く、将来はさらに悪くなっていく」のでなくては自分たちの存在意義がない。ピンカーやロスリングのいうように「現在は過去よりよくなっていて、将来はさらによくなる」のなら、必要なのは逐次的な改善の積み重ねで、「体制変革」「革命」「暴動(暴力的抗議行動)」の正当性はなくなってしまう。

 トランプの「ファシズム」ではなく、リベラルの「楽観主義」こそが、レフトにとっては殲滅すべき最悪の敵なのだ。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。