経済学者、起業家、ニューヨークタイムズ紙など、多方面から絶賛を受ける人生のバイブル『DIE WITH ZERO』の邦訳版が9月29日に発売となる。人生をもっとも充実させるために、金と時間をどう使うべきか? タイトルにある「ゼロで死ね」の真意とは? さまざまな気づきを与えてくれる本書の邦訳版『DIE WITH ZERO ~人生が豊かになりすぎる究極のルール』から、その一部を抜粋して紹介する。

Photo: Adobe Stock

一定の年齢を過ぎると、もらった財産の価値は下がっていく

 子どもに金を分け与える最適なタイミングとは、いつなのだろう?

 まずは、最適ではない時期について考えてみよう。若すぎるとダメなのは、少し頭を働かせればわかるだろう。12歳や16歳の子どもに大金を与えようとする親はいない。未成年が資産をきちんと管理するのは難しいからだ。

 だが当然、遅いほど良いわけでもない。まったく与えないよりはマシだが、それでも60歳よりは50歳、50歳よりは40歳のほうが最適なのはたしかだ。譲り受けた財産から価値や喜びを引き出す能力は、子どもの年齢とともに低下する。金を楽しい経験に変えるあなたの能力が、老化とともに衰えていくのと同じだ。何かを楽しむには最低限の健康が必要になる。

 その能力のピークが、気力と体力が充実している30歳だと仮定すれば、50歳では同じ価値を引き出せなくなる。あるいは、30歳のときに1ドルから引き出せた価値を得るのに、もっと多くの金(たとえば1.5ドル)が必要になる。

 つまり、子どもが一定の年齢を過ぎると(あなたが財産を分け与えるのが遅くなるほど)、分け与えられた財産の価値は落ちていくことになるのだ。

子どもが財産を引き継ぐのは26~35歳がベスト

 もし、あなたが私のアドバイスに従わず、死ぬまで子どもに財産を与えないという世間一般の方法を選んだとしよう。あなたの寿命が86歳で、第一子とは28歳差だとする。すると、その子どもがあなたの遺産を相続するのは58歳のときになる。これだとすでに、財産から最大の価値を引き出せるピークの年齢をはるかに上回っている。

 ピークの年齢を正確に示すデータは見当たらない。だが、私が人間の生理学や精神的な発達について調べた限り、私の結論は「親が財産を分け与えるのは、子どもが26~35歳のときが最善」というものだ。金を適切に扱えるだけ大人になっているし、金がもたらすメリットを十分に享受できるだけの若さもある。

 実際には、こんなに若いときに財産を譲り受ける人は少ない。かなりの年齢に達したときに、親の遺産を相続するケースがほとんどだ。だが、あなたが与える立場ならタイミングを自分で判断できる。何度も言う通り、子どもが金から最大の価値を引き出せる年齢を過ぎると、あなたが分け与える財産の価値はどんどんと落ちていく。

 子どもにもっとも効果的な形で財産を分け与えたいのなら、額の多寡だけではなく、できる限り最適なタイミングを考えるべきだ。

(本原稿は、ビル・パーキンス著、児島修訳『DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール』からの抜粋です)