危険運転を検知・警告して事故を減らし社用車の運用コストも削減できるドライブレコーダーとは

社用車にドライブレコーダーを装着する企業が増えている。しかし、ドライブレコーダーが持つ機能は、機種によってさまざまだ。事故発生時の証拠画像を記録することを目的としたものから、車両前方だけでなく、運転手の様子も常に録画して記録するもの、そしてその録画をクラウドにアップロードするものなどいろいろある。事故を減らし、業務用車両の運用コストを削減するには、どのようなドライブレコーダーが最も適しているのだろうか。

 社用車が欠かせない事業を展開する企業にとって、最も大きな悩みは、いかに従業員に安全運転を徹底させるかである。社用車の事故を防ごうとドライブレコーダーを導入する企業もある。

 しかし、たとえドライブレコーダーを導入したとしても、SDカードの抜き差しやフォーマットは、手間も時間もかかる。また、多くの誤検知イベントの中から危険運転を抜き出すには長時間の映像確認が必要で、ドライブレコーダーの管理業務を負担と感じる企業が多い。

 オリックス自動車が提供しているAI搭載通信型ドライブレコーダー「nauto(ナウト)」は、AIが危険運転を検知し、ドライバーに直接リアルタイムアラートを鳴らす。本資料では、その事故削減効果や導入企業の担当者の生の声も掲載している。どうすれば、効率的な安全運転指導ができ、事故を減らすことができるのか。そんな悩みを抱える担当者はもちろん、従業員の安全を守る意味で経営者にもお勧めしたい資料だ。

資料ダウンロードのご案内

危険をすかさず検知するAIドラレコ「nauto(ナウト)」

<主な内容>
・ドライブレコーダーは企業で普及するも、運用が課題
・わき見運転は深刻な衝突事故を起こす原因
・「ナウト」導入により事故発生率が減少
・「ナウト」導入事例2社

※必ずお読みください

これからご登録いただくあなたの個人情報はオリックス自動車株式会社(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら

問い合わせ先

オリックス自動車株式会社
TOP