家計簿の記録で“やったつもり”に
状況が何も改善していなかった!

 相談時にその家計簿アプリの記録を見せていただくと、全体的に支出が多めで、支出の合計が収入を上回っていました。ある月においては、報酬と家賃収入を含め28万円ほどの収入がある一方で、支出は32万円にも上っていました。

 住居費の支払いが3万円弱で済んでいるのに、赤字を出してしまう暮らしぶりだったのです。食費(5万円)や水道光熱費(1.7万円)など基本的な生活費は平均的ですが、被服費(5万円)、打ち合わせや作業に利用するカフェ代(2万円)、交際費(2.5万円)、娯楽費(3万円)など細かな支出が積み重なって金額が膨れ上がっていました。

 紹介した金額は大まかなものですが、今の収入で、かつ1人暮らしということを考えると、支出が多いといえます。また、そのほかにも支出はありますし、加えて、フリーランスですから国民健康保険、国民年金、住民税の支払いも自分でしなくてはいけません。そうした社会保険料や税金の支払いで、約9万円が出ていきます。こうして月の収支は赤字になっているのです。

 貯金で毎月の赤字を補填できればいいと考えるかもしれませんが、さらに1年間を通してみると、確定申告の時期には所得税の支払いができるお金が必要ですし、固定資産税を支払えるだけのお金も必要です。

 コロナ禍で収入も思うように入らなくなっているのですから、貯金に頼っていると、ものの数カ月でお金が無くなってしまいます。最悪、相続した物件を売りに出すなどしなくてはいけなくなる可能性があります。

 お金についての関心はあったのにこのような状況を改善できなかった原因は、アプリで支出の記録をつけることに取り組んで満足感を得たものの、実際にその実情を振り返って、改善するための行動をしなかったことです。アプリの記録は、振り返りをしないと生きたものにはなりません。何の評価もできないからです。それでは、行動も変わりませんし、支出も減りません。

 その後、Gさんはアドバイスを受けながら支出の削減を図り、今では月に1万~2万円の黒字を出せるようになりました。取り組んだことは、「本で読んだことがある」ことも多かったといいます。

 1人で行動していくことは難しいという場合も多いかと思います。そういう時は専門家に相談し、一緒に取り組むことも選択肢の一つです。やがて習慣化でき、お金を貯められる体質になっていくからです。

 得た情報、知識は実行してこそ効果が出る。これを忘れずに、本は読みっぱなしにしない、何か一つ取り組んでみる、そういうことができる人が増えてほしいと思っています。

(家計再生コンサルタント 横山光昭)