英語プレゼンのコツ写真はイメージです Photo:PIXTA

英語のプレゼンって
どんな話しかたをすればいいのだろう…?

「英語でプレゼンをして欲しい」――。突然、上司からこう言われたらあなたならどうしますか?

「英語のプレゼンって、どんな話しかたをすればいいのだろう?」「相手にウケるかっこいいスライドづくりのコツはないかな?」といった心配事が頭の中をよぎるかもしれません。

河野木綿子河野木綿子(こうのゆうこ)。「仕事の英語パーソナルトレーナー」代表。大手外資系企業の人材開発、組織開発に25年従事し、採用・人材開発兼任シニアマネージャー職を経て、2014年に「ビジネス英語パーソナルトレーナー」を開業。ビジネス英語パーソナルトレーニングのほか、企業向けの「一度で伝わる異文化間コミュニケーション」のワークショップでも好評を博している。著書に『仕事の英語 いますぐ話すためのアクション123』(すばる舎)など。ビジネス誌やオンラインメディアでの英語特集など、執筆・取材歴多数。

 動画講座「シンプルに一度で伝わる!英語プレゼン初級者コース」をみれば、今後、英語プレゼンのデビューをするかもしれない方、経験はあるけれど自分のプレゼンに自信がもてない方が、「安心して、シンプルで一度で伝わる英語プレゼン」ができるようになります。

 資料作成前に押さえておきたい情報、「筋のいい」スライドを最短時間で作る方法、聞き手の注意をそらさない話しかた、質疑応答に必要なスキルなど、英語プレゼンにはさまざまな「コツ」があります。

 通常は、英語プレゼンのテキストを読んだり、英語プレゼンが上手な人のまねをしたりして、こうしたコツやスキルを身につけていくと思います。しかしこの動画講座からは、これらの時間や手間を省いて、「相手にYes!と言わせる」「相手にこちらが望んでいる行動を取ってもらえる」プレゼンスキルを学ぶことが可能です。

 さらに、各セクションを「解説」→「お手本」→「ふり返り」の順番で進めていきますので、コースの途中でついていけなくなることがありません。

【このようなかたにオススメ!】
■英語のビジネスプレゼンをしたことがない人
■英語にあまり自信がない人
■プレゼン自体が得意でない人(日本語のプレゼンも上手になります)
■社内向けの英語プレゼンを上達させたい人
■目安として「TOEICテスト600点前後以上」の人

 動画講座内でも人気セクション、「多くの人が苦手とする質疑応答(Q&A)に必要なスキル」(8分51秒)を、次ページでご視聴いただけます。※ご視聴にはダイヤモンド・オンラインの無料会員登録が必要です