橘玲の日々刻々 2021年4月16日

「測定され、報酬が与えられるものはすべて改竄される」
測定への過剰な執着が生む「測りすぎ」の時代の弊害とは?
【橘玲の日々刻々】

教育にちからを入れれば入れるほど逆に「格差」が広がっていくという「不都合な真実」

 ミュラーは「測りすぎ」のケーススタディとして、教育、医療、警察、軍、ビジネスと金融、慈善事業と対外援助を取り上げている。いずれも過剰な測定執着によって本来の目的が歪められたり、組織が機能不全に陥ったりしているが、ここではそのなかから、アメリカの教育現場でなにが起きているのかを見てみよう。

 アメリカではリベラルな知識人から保守派の政治家まで、「もっと多くの国民が大学に行くべきで、そうすれば生涯賃金が増えるだけでなく、国の経済成長も生みだすことができる」との信念が共有されている。実際、大卒と非大卒では生涯収入に2倍ちかくの差があり、これが拡大する一方の経済格差の背景にある。

 「高等教育こそがゆたかさ(幸福)への道」という教育神話によって、大学が熾烈なランキング競争に放り込まれただけではなく、「大学に行ける備え」ができていない若者までが四年制大学への進学を望むようになった。ACT(American College Test)は英語、数学、読解、化学の4科目からなる適性試験だが、2016年には、受験した高校生の3分の1が、4科目のどれひとつとして基準に到達しなかった。3科目以上で基準をクリアしたのは38%で、「大学に行きたいと思う生徒のほとんどは、大学に行けることを証明できるだけの能力がなかった」とされる。

 いまでは多くのコミュニティ・カレッジ(公立の二年制大学)や四年制大学に「開発」コースが設けられ、高校で習ってきたはずの内容を教えている。コミュニティ・カレッジに入学する学生の3分の1が読解の開発コースに、59%以上が数学の開発コースに入れられているという。これが大学に余分な負担をかけさせ、大学教育の費用を引き上げる要因になっている。

 大学レベルの学業ができない学生がどんどん入学してくれば、単位をとれずに中退する者が増えてくる。アメリカでは大学生が6年間で卒業する割合が6割程度で、3人に1人が学位を取れずに挫折していることが大きな問題になっているが、これは経済的な問題(学費が高すぎる)というより、大学に入ろうとする学生が多すぎることに原因がある。

 「レジャーランド化した日本の大学とちがって、アメリカの大学は学生にきびしく、卒業が難しい」といわれるが、これはアイビーリーグなど一部のトップスクールだけだ。それ以外の大学では、卒業率が低いとランキングが下がるため、教員にはできるだけ寛大になるようにという強いプレッシャーがかけられている。

 このあたりの事情は日本のFラン(Fランク大学)と大差ないようだが、それでも中退率が圧倒的に高い(日本の大学の中退率は7%程度)ところにアメリカの高等教育の特殊性がある。

 ミュラーによれば、教育における「測りすぎ」は、大学よりも中学・高校などの公教育で大きな問題を引き起こしている。アメリカ社会では長年、「民族や人種グループ間での学業成績の差異」こそがすべての元凶とされ、ブッシュ政権の「落ちこぼれ防止法」やオバマ政権の「すべての生徒が成功する法」につながった。教育こそが「格差解消工場」だと信じられてきたのだ。

 だがミュラーは、「何十年にもわたってこうした測定を収集・公表してきてもなお、結果がほとんど変わっていないというのは衝撃だ」という。「落ちこぼれ防止法」が2001年に鳴り物入りで施行されて以来、小学生のテストの点数はほんのわずかしか上がらず、高校生の成績への影響はさらに限定的だった。

 アメリカでは、小学4年、中学2年(8年生)、高校3年(12年生)のときに全米学力調査(NAEP)という読解と数学のテストを受ける。全米教育統計センターが『人種および民族グループごとの学業成績の現状と傾向』でその「相対的達成率」を毎年発表しているが、それによると、高校3年のテストで白人とヒスパニックの読解力の差は、1992年と2013年でさほどちがいがなかった。白人と黒人の差にいたっては、同じ期間でかえって広がっていた。――数学についても、白人、黒人、ヒスパニックの差はほとんど変わらないままだった。

 この結果は、学校教育の理想主義的「改革」が、成果をより均等にすることにはつながらなかったことを示している。「学校の質の向上は教育的成果全般を引き上げることはできるかもしれないが、人口のさまざまな階層から集まる子どもたちの間では学力格差をなくすどころかむしろ拡大させる可能性が高い」とミュラーはいう。

 なぜこんなことになるかは、かんたんな理屈で説明できる。政府が教育に予算を投じ、質の向上を追求すれば(これ自体はもちろん悪いことではない)、その恩恵を真っ先に受けるのは貧困層の子どもではなく、中・上流階級の子どもたちなのだ。――日本の「高校無償化」や「少人数学級」でも同じことが起きるだろう。

 「測れないものは、改善できない」のだから、生徒の学業成績を測定し、学校教育や勉強法の改善につなげていくことには大きな価値がある。だがこの原則は、いつのまにか「測定できるものはすべて改善できる」に変わってしまった。

 「測定によって問題が見出されたのだから、政府・教育者はその問題をどのように解決するかの“説明責任(アカウンタビリティ)”を負っている」というのは、いまやアメリカだけでなく日本の教育行政でも当然の前提になっている。だが「測定できること」と「改善できること」は別の話であり、「教育格差」が測定によって発見されたからといって、それを「教育」で解決できるとは限らない。ミュラーが示すデータを見るかぎり、「不都合な真実」は、教育にちからを入れれば入れるほど逆に「格差」が広がっていくということのようだ。

なぜわたしたちはこれほど「序列」に惹きつけられるのか

 ペーテル・エールディはハンガリー出身で、アメリカの大学で教鞭をとる物理学者兼心理学者。専門は計算論的神経科学、計算社会科学で、『ランキング 私たちはなぜ順位が気になるのか?』(日本評論社)で、ランキング(順位づけ)とレイティング(評価)について論じている。原題は“Ranking; The Unwritten Rules of the Social Game We All Play(ランキング 私たちがみなプレイしている社会ゲームの書かれざるルール)”。

 ランキングとは何か? これについては「まえがき」を寄せている経済学者(複雑系)のスコット・E・ペイジ (『「多様な意見」はなぜ正しいのか 衆愚が集合知に変わるとき』日経BP)が簡明な説明をしている。ランク(順位)とは、「完備(complete)で、非対称的(asymmetrical)で、推移的(transitive)な関係)」のことだ。

 完備は、「すべての項目の中から任意の2つを取り出したとき、その優劣が決定されていること」、非対称は「2つのものが同等ということがないこと」、推移的とは「AがBより好まれ、BがCより好まれるなら、AはCよりも好まれなければならない」という規則で、この3つがすべて満たされたとき、集合内の要素をランキングすることができる。

 エールディは、「ランキング」と「レイティング」のちがいについて、レイティングは「対象に、他の対象とは独立に評価(一般には数字の点数)を付与すること」で、ランキングは「各要素に関する体系的評価にもとづいて順位づけること」と定義している。レイティングはランキングの準備作業になることもあるが、レイティングはしてもランキングしない(成績評価はレイティングだが、それによって必ずしも順位を決めるわけではない)とか、ランキングしてもレイティングがない(「一生のうちに行きたい観光地」などのベスト10ものは数値化された評価に基づいているわけではない)ことも多い。

 ネットの記事では「5つの理由」や「10の方法」といったリスティクル(list=箇条書きとarticle=記事を組み合わせた造語)がよく使われるが、これをランキングするとさらに注目度が上がる。

 なぜわたしたちはこれほど「序列」に惹きつけられるのか。その理由をエールディは、「上方比較」と「下方比較」で説明する。「自分よりも優れた(劣った)人と自分を比較すること」だ。

 「下方比較の積極的な効果は感謝であり、消極的な効果は軽蔑」「上方比較の積極的な効果は希望や刺激、消極的な効果は嫉妬心」とされ、「満足を感じたいなら自分に有利な比較を探しなさい。自分を追い込みたいなら、自分に不利な比較を探しなさい」などのルールがある。社会的比較をする性向は止められないが、自分の利益になるようにうまく利用することはできるという。

 他者との比較は、脳科学のレベルでも研究されている。

 脳の画像化を用いて上方比較および下方比較と関係する部位や神経メカニズムを探ると、下方比較では副内側前頭前皮質が活発化し、上方比較では前帯状皮質背側部の活動が増加することがわかった。副内側前頭前皮質は金銭的報酬を考えるときにも活発になり、前帯状皮質背側部は身体的苦痛や金銭的損失のような負の出来事を処理する部位だ。

 これをわかりやすくいうと、わたしたちは下方比較を得(報酬)、上方比較を損(罰)と無意識に感じているらしい。その結果、不愉快な上方比較を避け、下方比較によって一時的にでも気分よくなろうとするのだ。このことは、ネット記事で「貧困もの」がよく読まれる理由を説明するだろう。

わたしたちの判断は、ランキングに強く影響される

 複数の人間が集まれば自然にランキングが生じる。これがヒエラルキー(階層)だが、これには生物学的ルーツがある。序列と命令系統のはっきりした軍隊のような組織は、平等な個人の集まり(烏合の衆)よりずっと強力で生存に有利なのだ。

 生得的にヒエラルキーが決まっているのが身分制だが、生まれによって「できること」「できないこと」を決めてしまえば、個人同士の無駄な争いを避けられる。なんの序列もなければ、より大きな利益を求めて殺し合うしかなくなる。

 ところが社会がゆたかで安全になると、身分による秩序は差別として否定されるようになった。こうしてすべてのひとが平等な機会をもつようになると(もちろんこれは素晴らしいことだ)、社会は複雑になって利害調整が困難になる。これが、リベラル化が進むほど社会がシステム化され、閉塞感が強まる(ひとつの)理由だろう。

 社会的比較でやっかいなのは、低くランク付けされることを極端に嫌うようにヒトが進化してきたことだ。ヒエラルキーの下層に落とされることは重大な脅威で、脳は特大のアラームを鳴らす。他者からの批判は、たとえそれがささいなものであっても、生死を分かつような攻撃と感じられる。

 党派的な議論では、証拠(ファクト)を見せられても信念が変わらない。反対証拠をみせられても政治的信念を変更しなかったひとの脳画像を調べると、恐怖や情動的反応を司る脳の部位である扁桃体や島皮質が活性化していた。信念を変えることが敗北=死と同じなら、どんな理屈も通じないのは当然だ。

 しかしこのひとたちも、政治とは関係のない話題であれば、証拠に基づいて柔軟に意見を変えることができる。党派性はやっかいな問題だが、エールディは、「簡単には他人に操られない」というよい面もあるという。

 わたしたちの判断は、ランキングに強く影響される。19.99ドルが20ドルよりかなり安く思えるのは、最上位桁の1と2を無意識に比較しているからだ。同様に、「業界9位」の代わりに「ベスト10以内」のほうが効果的だ。トップグループのなかにあるという事実を、「他のトップブランドと同列」と誤認させるのだ。こうしたヒトの認知バイアスを考えると、「絶対に11位になってはいけない」とエールディはアドバイスする。

 ランキングがもたらす二次的反応には、「自己成就的予言」と「尺度の一元化」がある。

 自己成就的予言(self-fulfilling prophecy)は小さな変化が増幅されるメカニズムで、「評判がバイアスをもたらすことでランキング自体が次回以降のランキングに影響を及ぼす」ことをいう。ランキングが上がれば、それがなんらかの偶然であっても、それに合わせて他者の評価も上がる。

 尺度の一元化(commensuration)は、質的特徴を比較可能な数量に変換することだ。数値化できないものはランキングできないからだが、ここで「指標を選択することによるフレーミング(枠付け)プロセス」が生じる。そのフレームが自分にとって有利か不利かでランキングは大きく変わる。逆にいえば、ランキングを上げる努力よりも、フレーミングの時点で勝負は決まっているのだ。

 フレーミングは数字に変換できない質的特徴を無視し、計測可能なものに対して過剰な注意を向ける。これはミュラーの「過剰測定」への批判と重なる。

 デジタル社会では、評判は一種の通貨のようなものとして機能するようになった。そのような「評判社会」で成功するには、ますますマーケティングが重要になっている。エールディは、成功のための3つのルールを挙げている。

(1)努力を惜しまない
(2)8割の時間をマーケティングに使い、残りの2割を本来の活動に用いる
(3)右の2つを両立させる!

 評判社会におけるランキングがますます重要になるにつれて、誰もが「ランキング強迫(obsession with ranking)」に追い立てられる時代がやってくるようだ。
 

 

橘 玲(たちばな あきら)

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン 配信中

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ヒット。著書に『「言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)、『国家破産はこわくない』(講談社+α文庫)、『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』(ダイヤモンド社刊)『橘玲の中国私論』の改訂文庫本『言ってはいけない中国の真実』(新潮文庫)、『もっと言ってはいけない』(新潮新書) など。最新刊は『女と男 なぜわかりあえないのか』(文春新書)。

橘玲『世の中の仕組みと人生のデザインを毎週木曜日に配信中!(20日間無料体験中) 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。