中南米 2021年4月28日

【緊急レポート2021】
ドミニカ共和国でもマスクに消毒スプレーは当たり前
ワクチン接種は現在中国製が頼りも5月中に全国民分を確保

中国シノバック製ワクチンが一歩先を行く

 経済が厳しい状況にあるドミニカ共和国において、ワクチン接種は当然、国民の関心を最も集めているところです。
 4月下旬の現在では、医療関係者と70歳以上の高齢者に2回のワクチン接種が完了しており、現在は65歳以上への接種を進めている段階です。
 
 また、米国のいくつかの州では早くも、5月以降に国外の外国人にもワクチン接種を開始するところが出てきており、米国に近いドミニカ共和国から多くの人がワクチン接種を目当てに渡米するのではないかとみられています。

 現在、世界のワクチン開発競争は激化していますが、中南米はとくに、ワクチンをめぐる供給競争が激しいエリアのひとつです。
 現状は他国に比べて中国の動きがとても早く、多くの中南米の国で、中国「Sinovac(シノバック)」製ワクチンが他のワクチンに先駆けて使われているようです。

 中南米と世界をつなげるハブ空港としての機能も有しているドミニカ共和国と南米のコロンビアの2カ国が、中南米で最もワクチン供給されるのが早かった国です。
 ドミニカ共和国の場合は、医療従事者向けとして、中国からのSinovac製とインドから輸入されたアストラゼネカ製の2種類のワクチン接種が2月からスタートしました。中印両国からのワクチン外交攻勢を受けた形です。

ドミニカ共和国・必須医薬品局長官が語るワクチン事情

 ドミニカ国民にとっては、ワクチン接種に目が離せない状況が続いているわけですが、今回、そのワクチンをめぐる動向について、ドミニカ共和国の厚生省にあたる「必須医薬品局」の長官であり、ドミニカ共和国の現政権PRD(ドミニカ革命党)の副党首も務めるアドルフォ氏に、ワクチン接種を巡る攻防戦の最前線の状況について、お話を伺いました。

 アドルフォ氏によると、「インドは自国の感染防止を優先するためにすでにワクチン輸出を停止しているため、ドミニカ共和国では現在、中国Sinovac製ワクチンを5月初めまでに400万本、5月末まで同ワクチンをさらに400万本、調達を予定している」とのこと。

 中南米では、ブラジルで中国製Sinovacワクチンの有効性は50%と報じられ、その有効性を疑問視する声が多いのも事実です。そこで、Sinovac製以外のワクチンの調達可能性についても聞いてみました。

 これに対しては、「非公式ながら、5月には米国製ファイザー、イギリス製アストラゼネカのワクチンをそれぞれ400万本ずつ、合計800万本追加で調達を予定している」との回答。「5月の段階でドミニカ共和国の全国民および在留外国人に行き渡る分が確保される見通し」とのことで、私個人としても、大きなニュースを入手できました。
 
 一方で、ドミニカ共和国でも日本同様、ワクチンの調達プログラムに当初の計画から大きく遅れが出てきているのも事実です。
 5月末を予定していても、政治的な問題や船積みの遅延などが起きる可能性もありますし、現実的には、現在の予定から1カ月ほどずれ込む可能性もあるのではと予想します。

 アドルフォ氏によると「現在、1日に10万回分の接種ができる体制を急ピッチで構築中」だそうです。さらに、「6月には1日20万回分、1カ月で500万回以上接種できる体制をつくるべく、急速にロジスティックス(原材料の調達から生産・分配等に至る物流とその管理)とワクチン接種ができる場所の確保のために、ドミニカ全土を毎日忙しく動き回っているところ」だそうです。
「ロジスティックスをいかに円滑に行なうかが最大の課題」とアドルフォ氏は話していました。

ドミニカ共和国の厚生省必須医薬品局の長官、アドルフォ氏(右)と筆者の風間さん。風間さんの会社は、昨年の新型コロナウイルスの発症時に、マスクの供給体制などで同氏から相談を受けた経緯がある。

(文・撮影/風間真治)

著者紹介:風間真治(かざま・しんじ)
商社の海外営業、中南米のドミニカ共和国駐在を経て独立。現在はカリブ海に浮かぶドミニカ共和国に住みながら、主に中南米諸国でこれから経済が成長していくような国々を頻繁に回り、未知なる客先を訪ね歩いては様々な新規事業の開拓に取り組む日々。中南米ではいくつかの国に会社を作り、貿易事業、港湾の通関業、不動産事業、インターネット事業、中古車販売業などを手がける。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。