橘玲の日々刻々 2021年5月20日

「一番よい教育政策は教育をなくすこと」
エビデンスに基づく高等教育不要論の中身とは?
【橘玲の日々刻々】

 ブライアン・カプランはプリンストン大学で博士号を取得し、現在はジョージ・メイソン大学経済学部教授というエリートだが、「高等教育はほとんどのひとにとって不要だ」という暴論を唱えている。それも、教育学、心理学、社会学、経済学の山のような研究論文を読み、膨大な(そしてスタンダードな)エビデンスを集め、徹底的に検証したうえで、「問題は教育が足りないことではなく、教育のしすぎにある」との結論に達したという。

Photo :zaksmile / PIXTA(ピクスタ)

 なぜこんな奇妙な話になるのか、カプランの『大学なんか行っても意味はない? 教育反対の経済学』(みすず書房)を読んでみた。原題は“The Case Against Education; Why the Education System Is a Waste of Time and Money(「教育」を被告人とする訴訟事例 教育システムが時間とカネの無駄である理由)”。

 カプランは「政府は原則として市場に介入すべきではない」というリバタリアンの経済学者で、『選挙の経済学 投票者はなぜ愚策を選ぶのか』(日経BP)が翻訳されている。

「教育内容ではなく卒業証書に価値がある」

 アメリカでも日本でも、あるいは先進国・新興国を問わず、収入が学歴を反映するのは当然とされている。日本では大卒・大学院卒の男性の生涯賃金は2億6980万円で、高校卒の2億910万円より30%多い(2018年)。アメリカはもっと極端で、大卒の収入プレミアは70~100%(2倍)とされる。

 学歴でなぜこれほどの格差が生じるのか。「そんなの当たり前だ。大学教育によって、より高い賃金にふさわしい知識やスキルを獲得したのだ」というのが教育者の答えだろう。労働市場で評価される能力は「人的資本」と呼ばれるから、これは「教育によって人的資本が大きくなる」という説明だ。――カプランは「人的資本純粋主義」を、「ほぼすべての教育が仕事で役に立つスキルを教え、その仕事のスキルや教育が労働市場で見返りをもたらすほぼ唯一の理由である」と定義する。

 人的資本純粋主義では、「より多くの国民により高い教育を受けさせれば、ひとびとはゆたかになり、社会もその恩恵を受ける」とする。事実、どの国も教育に巨額の公費を投入し、高校・大学進学率は一貫して上昇してきた。

 だが、このわかりやすい話にはどこか居心地の悪いところがある。もしこれが正しいとすれば、大学までを義務教育にして無償化すればユートピアが実現するはずだが、どれほど理想主義の教育者でもこれを主張するのは二の足を踏むのではないか。

 その理由をカプランは、「学校教育は学生たちに役に立つことをほとんど教えていないから」だという。教師はみんな(いわないだけで)このことを知っているので、「教育にもっと公費を投入すべきだ」と大合唱しながら、教育がどれほど人的資本の形成に役立っているかについては口をつぐんでいるのだ。

 アメリカの一流私立大学はどこも教育費がきわめて高い。カプランが学んだプリンストン大学の授業料は年額4万5000ドル(約500万円)を超えるが、じつは誰でも無料で勉強できる。学部の講義なら、正規の学生か否かにかかわらず聴講者を拒む教員はいないからで、これはアメリカの他の一流大学も同様だという。

 多くの教育者が主張するように、質の高い教育が大きな人的資本を形成するのなら、賢い若者はハーバードやイェール、プリンストン、スタンフォードなどの「ニセ学生」になって、タダで勉強するはずだ(現在では、超一流の学者・研究者の講義がYouTubeなどで公開されている)。

 正規の学生と「ニセ学生」は、まったく同じ授業を受けることができるが、ひとつだけちがいがある。それは、「ニセ学生」では卒業証書をもらえないことだ。

 かつて、卒業証書は羊皮紙(シープスキン)に印刷されていた。ここから、卒業することによるボーナスは「シープスキン効果」と呼ばれる。

 高校3年(あるいは大学4年)で中退した者と、高校/大学を卒業した者とのあいだにも、生涯賃金に大きな格差がある。このシープスキン効果は、重要なのは「教育を受けた年数」ではなく、高校や大学を「卒業」したかどうかであることを示している。

 学生はこのことをよく知っているので、高い授業料を払って卒業し、「大卒」の学歴を手にしようとする。一流大学の講義をタダで受講できたとしても、そんなものになんの価値もないのだ(だから大学は、「ニセ学生」対策をする必要がない)。オンライン教育も同様で、学生が人的資本ではなく学歴を渇望している以上、既成の教育システムに置き換わるのは無理だろう。

 「教育内容ではなく卒業証書に価値がある」というのは、教育者にあるまじき発言に思えるが、カプランは、じつは大学教授こそがこのことをいちばんよくわかっているという。なぜなら、大学は「学歴主義が世界一多く生息している環境」で、「「相応の」学位のない人間など絶対に雇わない」のだから。

「地球が太陽の周りを回っていることを知っているアメリカの成人は半数そこそこしかいない」

 高校や大学の授業で、「こんなことを勉強して、将来、なんの役に立つのか」と疑問に思ったひとは多いだろう。これに対してカプランは、「なんの役にも立たない」とひと言でこたえる。

 旅行やビジネス、学問の共通語は英語で、アメリカ人はみな英語のネイティブスピーカーであるにもかかわらず、高校では人生でほとんど使うことのないスペイン語やフランス語を何年もかけて勉強させられる。三角関数や微積分の知識を必要とする仕事はほとんどなく、科学や工学関連の職業を志すのは高校生の5%程度にすぎない。

 2008~09年に心理学の学士号を取得した大学生は9万4000人いるが、アメリカ国内で心理学者として働いているのは17万4000人だ。コミュニケーション学の学士号を取得した学生は(1年間で)8万3000人以上いるが、記者、特派員、ニュース解説者の仕事の「総数」は5万4000だ。歴史学を修めた学生は(1年間で)3万4000人以上いるが、歴史学者として働いている者は全国で3500人しかいない。

 仕事に直結しないとしても、高校や大学で学んだことはその後の人生に活かせるとともに、社会の文化レベルを上げるのではないだろうか。だが事実(ファクト)を見るかぎり、この通説が正しいとはいえない。

 アメリカでは「総合的社会調査(GSS/General Social Survey)」で、12の基本的な科学知識について一般人の理解の程度を調べている。

 正誤二択の質問にたまたま正答する割合を調整すると、「地球が太陽の周りを回っていることを知っているアメリカの成人は半数そこそこしかいない」「原子が電子より大きいことを知っているのはわずか32%」「抗生物質ではウイルスは死なないことを知っているのは14%だけ」「進化の知識がある人はゼロをわずかに上回るほどしかいない」「ビッグバンを知っている人は実質ゼロを下回る(コイントスで回答した方が正答率が高い)」ことになる。

 これ以外の調査も同様で、それらを総合すると、「大半のアメリカ人が基礎的な読み書き計算能力を有しているが、優秀と言えるのは13%にすぎない」。歴史、公民、科学、外国語では、初歩を身につけている人すらほとんどいない。「学校がこれらの科目を教えている」というのは言い過ぎで、「これらの科目について教えている」だけだ。「何年間も授業を受けた結果、アメリカの成人は歴史、公民、科学、外国語というものが存在することは知っている。以上」とカプランはまとめている。

 なぜこんなことになってしまうのか。理由のひとつは、脳が使用頻度の低い知識を記憶しておくことが苦手だからのようだ。高校で代数と幾何学を取った人の大半は5年後には学んだ内容の半分を忘れ、25年後にはほぼすべてを忘れている。大半のアメリカの成人が保有している学校で学んだ知識は、(使用頻度の高い)基本的な読み書きと計算しかないに等しい。「平均的なアメリカ人は他の科目の勉強に何年も費やしているのに、それについてはほぼ何も覚えていない」のだ。

 学習した内容を覚えていなくても、教育によって培った考え方(論理的な思考方法)は将来の役に立つのではないだろうか。

 先に学習したことが、後に学習することに影響を及ぼすことは「学習転移」と呼ばれ、多くの実験研究が理想的と思われる条件でなされている。そのなかのひとつに、軍事の問題の解決法を学び、それを使って医療の問題を解決できるかという古典的実験がある。その結果はというと、学習したことを他の事例に転用できた被験者は5人に1人しかいなかった。

 アリゾナ州立大学の学生を対象に、「日常的な出来事についての推論に、統計の概念と方法論の概念を適用できるか」を調べた研究では、高校と大学で6年以上、実験科学から微積分まで学んできたにもかわらず、学生たちは、新聞や雑誌の記事に書かれている日常的な出来事について「方法論を用いた推論」の真似事すらできなかった。回答の圧倒的多数は0点で、「優れた科学的回答」と認められたのは1%に満たない。「被験者は比較対照群、そして第3の変数の制御が必要であることをまったく無視して、「食生活」の例に「きちんと食べるに越したことはない」のような意見で回答していた」のだ。

 もちろん、教育の成果がすべて否定されるわけではない。「大学の授業を受けると批判的思考のテストの得点が高くなる」という勇気づけられる調査結果もある。問題は、「教育は教室の外まで批判的思考の向上を継続させることはできていない」ことだ。

 多くの研究が明らかにしたのは、教育によって能力が伸びるのは、学生自身が勉強し修練を積んでいるタスクだけだということだ。これは要するに、「面白いと思ったり、得意だったりする分野は、熱心に勉強するから成績が上がる」ということで、教育の成果というより本人の適性ですっきり説明できるだろう 。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。