中国 2021年5月29日

【緊急レポート2021】<番外編ミャンマー>
コロナ禍からクーデター禍の
ミャンマーで奮闘を続ける日本語メディア

2006年に中国に移住し、蘇州、北京、広州、その後上海に約8年在住。情報誌の編集長を経て現在はフリーランスとして活躍する大橋史彦さん。上海在住当時から、ミャンマーの日本語メディアに関わっていた大橋さんが、クーデター後もミャンマーで活動を続ける「MYANMAR JAPAN」CEOの永杉豊さん、編集長の武田和人から聞いたミャンマーの現状をレポートします。

 医療体制が脆弱なミャンマーでは、早くから新型コロナウイルスに対して厳しい措置をとってきた。外国人の入国を制限し、ヤンゴン市内では深夜0時から午前4時までの外出や5人以上の集会を禁止するなど、日本以上の強い規制により、感染拡大は徐々に収まってきていた。

 一時は日本に避難していた駐在員も今年1月には多くが戻り、いよいよ経済が回復に向かおうという気運が高まっていた。そこに起きたのが新型コロナウイルス以上の“厄災”――クーデターだった。

コロナ禍からクーデター禍へ

 1月26日、国軍のゾー・ミン・トゥン報道官がクーデターを起こす可能について、イエスともノートも言えないと発言すると、ミャンマーの在住日本人向け情報誌「MYANMAR JAPON(ミャンマージャポン)」は、翌日にそのニュースをメールで配信した。

 とはいえ、その時点ではほとんどの人はまさかクーデターが起きるとは思っていなかった。しかし、『ミャンマー危機 選択を迫られる日本』(扶桑社新書)を上梓するミャンマージャポンの永杉豊CEOは、嫌な予感がしていた。万一に備え、社員に現金を確保しておくよう指示したという。

 杞憂は現実となった。デモ隊と国軍による激しい衝突は、報道の通りだ。ミャンマーではフェイスブックの利用者が多いが、永杉氏は国軍による虐殺の様子をフェイスブックで毎日のように目にし「同じ国民同士なのに、人間はなぜこんなに酷いことができるんだろう」と眠れない日々を過ごした。

 国軍に抗議するために職場を放棄する「市民不服従運動(CDM)」により経済活動が麻痺した。コロナ禍を生き抜いてきた日系企業もなすすべがなく、多くの駐在員が引き上げた。一時はほとんどの企業が開店休業状態。広告が主な収益源であるミャンマージャポンも例外ではなく、ページ数はクーデター前から半減した。

 メディアということのリスクもある。同社は独自取材に加え、現地メディア13社と提携を結び、情報を入手している。しかし、そのうちの8社が国軍によって免許を剥奪。4社は山奥などに機材を移し、地下に潜ることでなんとか情報発信を続けている。

 そうしたメディアに対する厳しい監視があるにもかかわらず、ミャンマージャポンはなんとか現地での発行を続けている。いつ国軍に事務所に踏み込まれてもいいようにバックナンバーはすべて処分したという。

2月7日にヤンゴン市内のスーレーパゴダ付近で行われた大規模デモ【提供/MYANMAR JAPON】

現在のヤンゴンは緊急事態宣言下の東京よりも安全!?

 最大都市ヤンゴンでは、クーデター直後は飲食店が軒並み閉まり、経済活動どころか日常生活すらままならない状態が続いたが、現在は落ち着きを取り戻しつつある。

 潮目が変わったのは、3月27日の国軍記念日だ。現地に留まるミャンマージャポンの武田和人編集長は「国軍記念日までは日本人の間でもかなりピリピリしていて、正直外に出たくありませんでした」と振り返るが、この日を過ぎると、大規模な衝突は少なくなっていった。

 4月になると夜間外出禁止令が緩和され、閉鎖されていた公園が開放され、街には人が戻ってきた。店を開ける飲食店が増え、普通の生活を送れるようになってきたと武田氏は話す。

 「CDMが激しかった時は、飲食店はほぼクローズでしたが、4月中旬以降は休業する場合に届出を求められました。国軍の圧力によって、オープンせざるをえないのです。サンチャウンなど一部の運動の厳しいエリアではまだ閉まったままですが、全体として6~7割は開いている印象です。いまは外出禁止令さえ守れば、普通の生活を送れています」

 日本人が経営する日本料理屋のなかには撤退を決めた店もあるが、営業を続けている店も少なくない。そうした店には、ヤンゴンに留まっている日本人が足を運ぶ。

 東京では緊急事態宣言により多くの飲食店が営業時間の短縮を余儀なくされ、会食も満足にできない。ところがヤンゴンでは日本人同士が普通に会食をし、情報交換をしている。現在のヤンゴンは、東京よりも会食しやすい状況なのだ。

クーデター発生直後は、市内のいたるところにバリケードが張り巡らされていた【提供/MYANMAR JAPON】

橘 玲(たちばな あきら)

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン 配信中

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ヒット。著書に『「言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)、『国家破産はこわくない』(講談社+α文庫)、『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』(ダイヤモンド社刊)『橘玲の中国私論』の改訂文庫本『言ってはいけない中国の真実』(新潮文庫)、『もっと言ってはいけない』(新潮新書) など。最新刊は『女と男 なぜわかりあえないのか』(文春新書)。

橘玲『世の中の仕組みと人生のデザインを毎週木曜日に配信中!(20日間無料体験中) 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。