株式レポート

大手行の今期業績の注目点と当面の投資スタンス - 金融テーマ解説

5月28日 16時20分
マネックス証券
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

先週までの決算発表を通じて、銀行株はTOPIXの下げ局面でも堅調なパフォーマンスを維持した (図表1-1)。大手行5グループ(*)の21/3期決算は、市場予想に対して上出来で、当期純利益は前年比1.6%の計2.0兆円で着地した。なかでも、市場予想に対する上振れ幅が大きかった三菱UFJとみずほについては決算後の反応が大きかった(図表1-2)。

 (*) 大手5グループ=三菱UFJ FG(8306)、三井住友FG(8316)、みずほFG(8411)、りそなHD(8308)、三井住友トラストHD(8309)

 

 

しかし、銀行株は足元ではTOPIXの回復について行けていない。機関投資家等は、決算後の取材を通じて各セクターへの投資スタンスを精査する時期に差し掛かっている。再度の上昇はあるのか。個人投資家は銀行セクター、特に大手行に対してどんな投資戦略で臨むべきか。各行が発表した今期予想の注目点を概観しつつ考える。

22/3月期の会社計画の注目点

決算と同時に発表された22/3期予想の主な注目点は、1)業績予想のレベル感(特に与信費用)、2)株主還元、3)政策保有株の処分である。

1)業績予想のレベル感:与信費用が変動要因

新型コロナの収束が遅れる中、今期の会社計画は若干保守的になると市場では想定されていた。ところが実際には、全行で強い増益計画が打ち出された(図表2)。長年の課題だった国内の貸出利鞘は、個人向けはまだ厳しいものの、企業向けは前期に概ね底を打った。かつ、貸出額も昨年度の大幅増の余韻が残ることから、今期の資金利益は順調とみられる。昨年後半以降、顧客関連手数料等も強い。例えばみずほでは、対顧非金利収益を前年比6.3%増と大きく伸ばした。結果として、今期のMUFGやみずほの会社計画利益は、現時点の市場予想を上回っている。今後これらの銀行グループの市場予想は上方修正される可能性が高い。

  問題は、コロナ禍で最も心配された与信費用の行方だ。前期は、通期与信費用のうち3割~7割が4Qに計上された。今期に禍根を残さないため、“フォワードルッキング” に(将来を見据えて)引き当てられた。これにより、22/3期の予想与信費用は大幅に減る計画とされており、今期の増益の大きな要因となっている(図表3)。しかし、これで足りないくらい企業業績が悪化すれば、追加の引き当てが必要になり、利益の下振れ要因となる。

果たして大丈夫なのか。新型コロナの企業への影響は、政府支援が手厚かったことからやや遅れている。ただ、不良債権比率は1%未満と相変わらず低く、主な担保である不動産や動産の価格も思ったほど下落していないことから、今のところダウンサイドリスクは大きくないだろう。もっとも大手行の与信費用は大口先次第であることから、上期決算で一旦その動向を確認する必要があるだろう。

 

2)株主還元

増益計画を反映し、予想配当についても4グループで積み増された(図表4)。銀行の配当性向は、かつての30%から40%近辺へと徐々に引き上げられている。その意味ではみずほの余裕度が高く見える。同社自身も事業環境の不透明感が明け、5100億円の達成が見込めるようになれば配当の見直しもありうるとしており、下期に増配期待が高まるかもしれない。

一方自社株買いは、りそなのテクニカルなもの(関西みらいFGの完全子会社化による希薄化対策)以外はゼロだった。しかし、既に資本比率は、総じて目標を満たしている(図表5)。新型コロナが落ち着き、(メガ3グループで言えば)数百億円単位の投資機会がなければ、今期中の自社株買いは十分検討できよう。MUFGは過去に自社株買いの実績もあり、資本水準からしても今期中の自社株買い復活の可能性大、三井住友も射程距離内だろう。

3)政策株式処分

今回の銀行決算最大のニュースは三井住友トラストが「従来型の安定株主としての政策保有株式は原則すべて保有しない方針へ転換する」と宣言したことだろう。

これまでも、大手行は段階的に政策株の売却を進めてきた。三井住友トラストは相対的に政策保有株の比率が高く、他行以上に重い経営課題だった。同行の21/3月末の株式保有額は時価ベースで1.4兆円に上り、その大半が政策保有株式となっている。これを将来的にゼロまで持って行くのは相当な覚悟だ。今のところ他行に追随の動きはないものの、このニュースに機関投資家がポジティブに反応したことから、今後他行も政策株処分加速に動くかもしれない。下期以降の政策保有株式処分に関する各行のニュアンスに注目したい。

株価動向と投資戦略:秋以降に再び上昇の可能性も

銀行株は、4-6月期には上昇しやすいが、その後はもたつく傾向がある。8月初旬に発表される1Q決算も、手数料収入が少なく、国内与信費用も出やすいなど、株価材料が少ないためだ。リーマンショック以降の株価実績をみても、7-9月に銀行株がTOPIXをアウトパフォームしたことは殆どない(図表6の赤い棒グラフ)。

  冒頭の通り、既に銀行株の動きは鈍化しているが、7-9月も難しいとすれば、株価の次のターニングポイントはいつか。

その答えは金利動向が握る。銀行株の金利との連動性は引き続き高く、特に、日銀コントロール下の日本の金利よりも米国債利回りとの連動が高い(図表7)。足元では米国債利回りは1.6%台で落ち着いているが、秋以降に世界の景気回復が鮮明になり金融引き締めが視野に入れば、米金利は素直に上昇していくだろう。

その頃には、邦銀の今期の業績予想達成の確度も上がり、自社株買いなど株主還元の強化への期待感が高まり、株価はTOPIXをアウトパフォームする可能性が十分ある。このシナリオでいけば、銀行株が下落した局面で仕込んでおいて、上期の高配当を享受しつつ秋以降の上昇に備えるのが良策といえよう。特に注目は、自社株買い期待で三菱UFJ、三井住友、アナリストの業績見通しの上方修正と増配期待でみずほである。

 

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)

 ◆1月~12月までのお得な株主優待の内容はココでチェック!

※株主優待を新設・変更した銘柄の最新情報は
 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]でチェック!

マネックス証券
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の口座開設はこちら!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【楽天証券】株を始めるなら楽天証券! 楽天ポイントが貯まる! 1日100万円までなら売買手数料0円
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
SBI証券の公式サイトはこちら! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株で1億円をつくる
配当額を大予測
米国株入門第3弾!

7月号5月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[億り人11人の失敗から極意/配当爆増株を探せ!]

◎巻頭ニュース
速報! 最新決算で買える株34銘柄
誰もが気になる有名30社の買×売診断も!

◎第1特集
億り人11人の失敗から極意まで!
株で1億円をつくる入門

●初心者でもマネしやすいシンプルな投資手法
なのなのさん「4%以上の高配当株を買って売るだけ」
立川一さん「連続増配傾向の株で配当と値上がりを両取り」
すぽさん「5年で2倍を狙える株を買い続けて資産は16倍に」ほか

●ひと手間かけて銘柄を探す手法
愛鷹さん「息の長いテーマ株を長期分散して10倍株発掘」
かぶ1000さん「資産に対して割安な株で勝率は8割超! 」

●相場に乗る瞬発力勝負の手法
羽根英樹さん「株価のパターンに注目し年率3割アップ」
DUKE。さん「新高値を突破した株の勢いに乗って成功」ほか
46億円稼いだテスタさんインタビュー&3つの格言

◎第2特集
将来の配当額を大予測! 配当爆増株を探せ!
5年後の高配当株

・初掲載! ザイ独自予想の5年後の利回りランキング100
●高配当×株価倍増のベスト23銘柄
●通信株&商社株 5年持てるか「買い」「売り」診断!
●[番外編]5年後の高配当株米国株編ベスト

◎別冊付録
大反響! 米国株入門第3弾!
桐谷さん米国の10倍株に分散投資

●米国株は10倍株の宝庫だ
●米国株のギモンを解消!
●オススメの米国10倍株 9
●失敗しない5カ条とは

◎第3特集
新興国株投信はアジア3カ国で決まり!
「ベトナム」「中国」「インド」

◎第4特集
親が老いる前に話合うべき3つのこと

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報