本当に子どもの力を伸ばす学校

「なぜ」と考えさせ続けて“夢のような学校”を実現

三田国際学園中学校・高等学校

毎年のように偏差値が急上昇している三田国際学園。圧倒的なグローバル環境とサイエンス教育への取り組みで、思考力を徹底的に鍛える教育を実践している。今春、第1期生が卒業し大きな成果を出した。今年度からはDDPも導入、2022年度より新たなクラス編成で第2ステージに挑む。

三田国際学園中学校・高等学校
大橋清貫学園長

 2021年の春、三田国際の1期生が卒業した。「在学中からある程度の手応えは感じていましたが、これほどの結果を出してくれるとは思いませんでした。うれしい驚きです」。

 そう語るのは大橋清貫学園長だ。秋田大学医学部をはじめ、慶應義塾大SFCや上智大、早稲田大国際教養学部やICU、海外ではマンチェスター大やUC Davisなどに合格者を出した。1期生の入学者偏差値を考えると、その時点から6年間で大きな飛躍を遂げたことになる。

 戸板中学校・女子高等学校を改称し、男女共学校として15年にスタートした同校は、「社会で活躍するための力を育む学校」として斬新な教育を実践。インターナショナルクラスの約3分の1が国際生で、ネイティブスピーカーの常勤教員を27人そろえるというグローバルな環境をつくり、知的好奇心を刺激して自分で考えることを求める「相互通行型」の授業に先駆的に取り組んできた。「この学校の全ては“なぜ”と考えさせることにあります。教員が口を出すことはほとんどなく、徹底的に“学び方”を学ばせます。私が生徒たちに言い続けてきたのは、“自分だけの理論をつくれ”ということ。自分の考えを持ち、それを人に伝えるスキルや経験を積む。保護者の方々の中には“この教育で大学受験は大丈夫なのか?”という声もありましたが、結果が出たことで、私たちの教育の正しさが証明されたと思います」(大橋学園長)。

多くのネイティブスピーカーの教員が在籍。今年度からは在学中にオーストラリアの高校卒業資格の取得が可能になるDDPを導入する(インターナショナルコース)
本当に子どもの力を伸ばす学校

学校データ

三田国際学園中学校・高等学校
共学校
最寄り駅
東急田園都市線「用賀」、
小田急線「成城学園前」より
東急バス「用賀」下車
〒158-0097
東京都世田谷区用賀2-16-1
03-3707-5676
http://www.mita-is.ed.jp
TOP