1998年から2014年にかけての年間の心臓手術件数は、一般集団では経年的減少が見られたのに対して、痛風およびRA患者では、年間の心臓手術件数と整形外科手術件数がともに増加した。痛風患者では、RA患者に比べて心臓手術件数が有意に多かった(1998年はRAの1.59倍、2014年は同1.92倍)。1998年と2014年におけるNISデータ10万件当たりの心臓手術実施率は、痛風患者では36.6から82.8へと2.3倍に増加、RA患者では20.1から33.1へと1.6倍の増加であった。

 一方、痛風およびRA患者双方において、1998年から2014年にかけて、心臓手術よりも整形外科手術の実施件数の方が多くなった。RA患者では、1998年と2014年の双方において心臓手術件数と整形外科手術件数の間に有意差が認められた。これに対して痛風患者では、1998年の心臓手術と整形外科手術の件数に有意差はなかったが、2014年には有意差が認められた。また、痛風患者における整形外科手術の年間件数は、1998年ではRA患者より有意に低かった(33%低い)が、2014年ではRA患者より有意に高かった(5%高い)。

 著者らは、「年間心臓手術件数が痛風患者とRA患者の間で増加しており、年間整形外科手術件数は時間の経過とともに痛風患者がRA患者を追い抜いた。このことは、痛風においてもRAで実施されているような治療最適化や目標達成に向けた治療(Treat-to-Target)を導入して、疾患の転帰や関連する障害、医療資源にかかる負荷を改善する必要があることを示唆している」と述べている。(HealthDay News 2021年3月30日)

https://consumer.healthday.com/in-hospital-cardiac-procedures-up-for-those-with-gout-ra-2651238818.html

Abstract/Full Text

Copyright © 2021 HealthDay. All rights reserved.