本当に子どもの力を伸ばす学校

ESDとCLIL(クリル)の学びを進化させ、公正な社会の創造を目指す人材を育成

横浜女学院中学校 高等学校

横浜・山手の丘にたたずむ横浜女学院は「愛と誠」を校訓に掲げ、キリスト教精神による人間教育を行っている。2018年度から国際教養クラスとアカデミークラスを開設。ESDやCLILなどの革新的な教育で国際的な広い視野と深い思考力を持つ人材を育成している。

 2018年度より「国際教養クラス」と「アカデミークラス」を開設した横浜女学院。その教育の柱がESDとCLIL(内容言語統合型学習)だ。国連が推奨するESDは持続可能で公正な社会を創造していくことを目指す学習や活動。一方、CLILは教科学習と英語学習を組み合わせ、各教科の内容を“英語で学ぶ”ことで、英語4技能に“考える力”を加えた5技能を伸ばすことを目標としている。

横浜女学院中学校 高等学校 国際教養クラス・CLIL推進ファシリテーター
白井龍馬教諭

 CLILは当初、ESDと連動した探究学習としてスタートしたが、現在は地理、美術、聖書、生物を英語で教えるプログラムを各教科の教員と共同開発して実施しており、先進校として注目を集めている。

「CLILの真の目的は探究型の学びを通して汎用能力を育成することです。英語で得た知識を活用し、その過程の中でコミュニケーション能力や思考力、主体性を育むことが目標なのです」と語るのは、CLILのカリキュラム開発に携わった白井龍馬教諭だ。

CLILの要素を取り入れた
日本語の授業もスタート

 今春からCLILのエッセンスを取り入れた授業を日本語でも行う「ラーニング・プログレッション授業」と教科横断的な「クロスカリキュラム授業」をスタートさせた。例えば、中2の歴史では「技術革新」をコンセプトに、現代史から遡(さかのぼ)って学ぶ。最初に教員が基本となる概念をインプットし、それに対して生徒たちが興味を抱き、主体的に学びを深めて調べていく方式だ。AIやロボット技術の発展が働き方改革につながり、経済や法律にまで広く“時代”に影響を及ぼしていることに生徒たちは気付いていく。「世の中の複雑性を理解し、各教科に分けることによって分断してしまった知識を流動的に結び付け、実社会の中で活用していける能力を身に付けてほしいと考えています」と白井教諭は語る。

 また、新しい取り組みとして今春からオンライン放課後学習活動「学びプロジェクト」もスタートさせた。授業では扱えないようなトピックを扱い、自分なりの考えを発表し、対話をする過程で思考力と表現力、リサーチスキルを育てることを目指している。他校と合同でグローバル化について考えるイベントをオンラインで実施するなど、取り組みは学校の枠を超えて広がりを見せている。

 横浜女学院は革新的なカリキュラムをいち早く取り入れている先進校だが、生徒たちに願っているのは、最終的に校訓の「愛と誠」の精神にたどり着くことだという。

「愛と誠は隣人に誠実にという意味ですが、それは学びと切り離されるものではありません。世の中の複雑性を学んで見えてくる問題や課題があり、それを乗り越えることが公正で公平な社会の実現につながっていくのだということに、学びを通して気付いていくことを願っています」(白井教諭)

「学びプロジェクト」1回目は、思考で機械を制御する「BMI」。普段の授業で扱わないトピックについて調べ、考えたことを発表する
横浜女学院中学校 高等学校
https://www.yjg.y-gakuin.ed.jp/
本当に子どもの力を伸ばす学校

学校データ

横浜女学院中学校 高等学校
女子校
最寄り駅
JR根岸線「石川町」、
横浜市営地下鉄ブルーライン
「伊勢佐木長者町」
〒231-8661
神奈川県横浜市中区山手町203
045-641-3284
https://www.yjg.y-gakuin.ed.jp/
TOP