本当に子どもの力を伸ばす学校

Unity in Diversity~個性豊かな生徒たちが、校訓「誠のほかに道なし」によって結ばれる

三輪田学園中学校・高等学校

今年創立134年を迎える女子の伝統校。校訓は、誠実であることを大切にするという意味の"誠のほかに道なし"。今年度から新校長が就任、英語とICTに力を入れた教育と、新たな探究学習"MIWADA-HUB"を軸に、創立以来の教育理念「徳才兼備の女性の育成」を目指す。

三輪田学園中学校・ 高等学校
塩見牧雄校長

 今年度就任した塩見牧雄校長は、教育方針として“英語とICTを標準装備する”ことを打ち出している。「生徒たちが生きていくのは予測できない未来。そこで生き抜いていくためには“盾と矛”が必要で、その“盾”となるのが英語とICTだと考えています」。

 三輪田学園は従来から英語教育に力を入れており、高校卒業までに生徒の6割以上が英検2級以上を取得する。「今春の大学入試ではGMARCHに50人の合格者を出したのですが、その半数は英語検定を採用している立教大学に合格。英語検定が入試に役立つ流れは加速するはずで、今後も取得には力を入れていきます」(塩見校長)。

 国内外で実践する英語教育プログラムも充実しており、中学ではTOKYO GLOBAL GATE-WAY、English Camp、カナダ研修、国際教養大学English Village、高校では英国研修やマルタ海外研修、さらにオーストラリアへのターム留学・イヤー留学などが用意されている。

 ICTに関しては、2018年度から生徒全員がiPadを使用、情報の授業ではMacBookを使い、Adobe Creative Cloudのアプリをインストールして、クリエイター教育も実施している。今年度からはプログラミング言語のPython(パイソン)を使った本格的なプログラミング教育もスタートする。

探究学習講座“MIWADA-HUB”がスタート

 “盾”となるのが英語とICTならば、“矛”となるのは、生徒一人一人の個性や能力。その力を伸ばすために、今年度から探究学習の授業で“MIWADA-HUB”をスタートした。HUBとは“つなぐ”という意味で、生徒は九つのテーマから興味のある分野を選び、自分と学問、自分と社会をつなぐことを目的に、問題を見つけ、解決方法を粘り強く模索する行動力を育んでいく。例えば「数学を極める!」という講座では、中学入試を算数と数学の考え方で解いたり、全米共通テスト(SAT)の数学の問題にチャレンジする。「エシカルライフ」ではSDGsに基づいてフェアトレードや食品ロスについて学び、「Miwada Code Girls-Beginner-」ではプログラミングを学んでドローンを飛行させる。こうした学びを通して、未来を創造する力を育んでいく。

 さらに道徳・ホームルームでは“哲学対話”を実施、生徒たちが自主的に持ち寄る「友達と親友の違い」「なぜ人はSNSで悪口を書くのか」などのテーマについて、グループでディスカッションを重ねていく。対話を通して新たな考えに触れ、思考を深める力を育てる授業だ。

「私がテーマに掲げているのは、Unity in Diversity(多様性の中の一致)。個性豊かな生徒一人一人が、違いや多様性を楽しみながら、“誠のほかに道なし”という校訓の下に結ばれている。それが三輪田学園の特色であり、強みだと考えています」(塩見校長)

プログラミングの探究ゼミ「Miwada Code Girls-Beginner-」で、MESH(プログラミングが体験できるIoTブロック)で商品を企画する生徒たち
三輪田学園中学校・高等学校
https://www.miwada.ac.jp/
本当に子どもの力を伸ばす学校

学校データ

三輪田学園中学校・高等学校
女子校
最寄り駅
JR中央線・総武線「市ケ谷」「飯田橋」、
東京メトロ有楽町線・新宿線・南北線「市ケ谷」、
東京メトロ有楽町線・南北線・東西線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋」、
東京メトロ半蔵門線・東西線「九段下」
〒102-0073
東京都千代田区九段北3-3-15
03-3263-7801
https://www.miwada.ac.jp/
TOP