スーパー・オーケーの勢いが止まらない!売上高5000億円を突破の要因は?写真:リテイルメディア

関東中心にディスカウントスーパーマーケットを展開するオーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)の、2021年3月期業績が発表された。コロナ特需に沸いたスーパーマーケット(SM)業界は、上位企業のほとんどが増収増益を記録。上場SM各社と比較し、オーケーの業績はどのようなものだったか。

売上高5000億円を突破、経常利益では業界第1位に

 オーケーの2021年3月期業績は、売上高が5076億円4000万円(対前年同期比16.8%増)と初めて5000億円を突破。営業収益は5089億7500万円(同16.7%)、経常利益は314億2900万円(同32.9%増)といずれも高い伸び率を示した。上場SM各社と比較すると、営業収益はアークス(北海道/横山清社長)に次ぐ業界第6位で、ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)をわずかに凌ぐ。

 経常利益では、バローホールディングス(岐阜県/田代正美社長)の283億9700万円を上回り、業界第1位となる(アークスは21年2月期決算と比較。ヤオコー、バローホールディングスは21年3月期決算と比較)。