超成長株投資で資産10倍計画!

農薬など手がける日本曹達(4041)は長期で買い。
グローバルニッチ戦略で世界での競争優位性は高い。
下値余地少なく、目標株価は5400円山本潤の超成長株投資の真髄 第120回

2021年7月21日公開(2021年7月21日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

農薬などを手がける日本曹達(4041)は長期で買い

 農薬や化学品などを手がける日本曹達(4041)は、長期で買いだろう。今後、業績モメンタムが改善し、株価上昇が期待できるからだ。同社の前期末(2021年3月期)のEPSは255円で、今期末(2022年3月期)の会社予想EPSは269円だが、来期末(2023年3月期)の予想EPSは359円(QUICKコンセンサス予想)と大きく跳ね上げる見込みだ。

 来期末予想EPSの約360円をベースに目標株価を考えれば、PER15倍程度だと5400円になる。また、来期予想BPSは利益の積み上がりによって5700円程度になるだろう。従って、同社のPBRは0.9倍台まで是正されることが期待される。

同社の競争優位性を高めるのがグローバルニッチ戦略

 同社が手がける農薬はメジャー穀物向けではなく、それより市場規模が一桁小さい野菜や果物など向けが多い。野菜や果物はローカル品種も含めると多種あることから、必要な農薬も多種に渡る。それもあって競合が少なく、大手が参入しにくいという特徴がある。こうした同社のグローバルニッチな戦略が、世界での競争優位性を高めていると言える。

 野菜・果物系の農薬は、薬の成分がほぼ同様であっても、生育地域や品種拡大に適応するための申請が必要であり、そこに同社の強みがある。安全基準などは各国で異なるため、申請方法や申請コストの見通しをするのにノウハウが必要だ。

環境に優しいこともグローバルシェア拡大の一因

 同社がグローバルシェアを拡大している背景には、同社製品が環境に優しいこともある。例えば、欧州シェアが昨年大きく上昇した理由として、ミツバチなどの益虫に対して農薬の影響が最も少ないことが評価されたことがある。一方、競合製品は環境規制で利用が半永久的に禁止されたこともあり、同社のシェア拡大は今後も継続するだろう。

 収益力向上が期待できる理由は、費用の低減もある。同社の歴史で初めてだが、直近で農薬を一気に3つも市場に投入した。そのため、ここ数年は新薬投入のための委託試験費用が通年より約15億円上乗せされるなど、先行投資費用がかさんでいた。農薬が環境や人体に及ぼす影響や安全性を確認するために行なう委託試験費用は新薬ローンチ前に追加でかかる一過性の費用であるが、その上乗せがなくなることで今年から正常に戻る。さらに新薬の売上貢献が始まることも大きい。

ROIC経営に着手、今後の資産効率向上に期待

 ROIC(投下資本利益率)経営に着手し、経営改革にも期待が持てる。同社は資産効率は現状効率的とは言いにくい。保有アセットには政策保有株式なども多く、投資有価証券は400億円に上る。400億円規模のアセットを入れ替えることで、バランスシートを最適化し、今後は投資効率の高い分野に集中投資する計画だ。

 成長が期待できる分野として、現在高いシェアを誇る、錠剤を固める材料を作るHPC事業がある。薬の主成分に応じた配合や、錠剤の摂取回数を減らすために体内のどこで溶かせるかなどのシミュレーションなど高度なノウハウが求められる。

課題は市場認知度の低さ、配当利回り高いので下値余地も小さい

 同社の課題はカバレッジする証券会社が1社と少なく、株式流動性の低さもあって市場認知度が高くないことだが、今後、収益力向上で市場の認知度や株式バリエーションの高まりが期待できる。また、経営方針として配当80円を下限と決めるなど高い配当利回りに支えられ、株価の下値余地が小さいなど、長期保有するには安心感がある。

(DFR投資助言者 山本潤)

 この連載は、長期投資で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。山本潤氏の新刊が発売『初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略』

日本曹達(4041)/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)


太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&激辛診断
株主優待のきほん

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株激辛診断]

◎第1特集
日経平均は3万円突破! 上昇の波に乗れ!
人気の株500激辛診断【2021年秋版】

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマから見つける
・第1四半期で上方修正した株
・赤字から脱却し黒字に転換した株
・脱炭素社会を支える技術株
・5大ランキング
・第1四半期の進捗率が高い株
・2アナリストが強気な株
・配当利回り高い株
・初心者必見の少額で買える株
・理論株価よりも割安な株


●2021年秋のイチオシ株を公開
・10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート

◎第2特集
10倍株や利回り6%超の株も
米国株150オススメ&激辛診断

●代表株8銘柄を定点観測!
・GAFAM+α
(テスラ、ネットフリックスほか)
・いま買いのオススメ株
・高成長株&高配当株

●だれもが気になる人気株
・ナスダック株
・ニューヨーク証券取引所株

●3カ月先の相場をプロが先読み! 
NYダウ&ナスダック指数予測

◎第3特集
SNSで注目の
個人投資家21人と桐谷さんが激オシ!
株主優待 ベスト94銘柄

●優待のきほん
●2021年10月ー22年3月各月に
権利確定のオススメ優待株

◎第4特集
こんな営業トークに要注意!
投資信託のウソに騙されるな!


◎別冊付録
割安・割高が一発でわかる!!
全上場3806銘柄の最新理論株価!

◎連載も充実!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資! AKB48
●武藤十夢のわくわくFX生活!ライフ
●株入門マンガ恋する 株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国

 


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報