橘玲の日々刻々 2021年8月26日

「苦難の転換期」にアメリカ企業で出現した
《残忍なボスたち》による「いじめ」被害は日本でも繰り返されたのか?
【橘玲の日々刻々】

 コロンビア大学教授で「社会組織心理学の世界的な権威」ハーヴィー・ホーンスタインは、1995年に”Brutal Bosses(残忍なボスたち)”を出版して大きな評判を呼んだ。『問題上司 「困った上司」の解決法』(プレジデント社)として翻訳されている四半世紀前のこの本を手に取ったのは、アメリカの会社組織のいじめやハランスメントについて語る際に必ず言及される古典だからだ。

 ホーンスタインの研究が与えた衝撃を、訳者で社会心理学者でもある齋藤勇氏が「あとがき」で次のように書いている。
 
 私はアメリカの大学に留学していたことがあり、多少なりともアメリカ社会を知っているつもりになっていただけに、本書の内容にはこん棒で殴られたような衝撃を受けた。

 私が理解していたアメリカ企業の人間関係は、ビジネスライクな契約関係を基本にしたクールなもので、社員の個性を尊重する社会だと思っていた。仮に、今の上司がどうしても嫌だったら別の会社に移ればいいし、それを可能にするムービング・ソサエティー(可動性のある社会)が機能している、と思っていた。

イラスト :sayu / PIXTA(ピクスタ)

 1980年代後半から90年代前半にかけて、アメリカ企業は「苦難の転換期」を迎え、リストラ、業績評価、ポスト削減、ダウンサイジングなど、企業も労働組合も新たな出口を求めて迷走した。この苦難の時代に、「上司と部下の人間関係」をめぐって多くの問題が噴出した。

 ホーンスタインは「日本語版によせて」で、「私は、日本企業に「アメリカ企業の二の舞い」を踏んでほしくない。あの転換期にアメリカ企業で出現した《問題上司》による被害を未然に防いでほしい」と書いている。わたしたちはこの言葉にこたえることができたのだろうか。

アメリカの会社員の90%以上が上司の「いじめ」を体験していた

 最初に、アメリカ社会における「残忍なボス(問題上司)」との遭遇体験を紹介しよう。ホーンスタインが「職場いじめ」について調査・研究するなかで出会ったある会社員の告白だ。

 上司の机は私の席の隣にあり、私はたまたま、上司の机の上に私のメガネを置いてしまいました。すると、メガネが自分の机の上に置かれるのを見た途端、上司は顔を真っ赤にして怒り出したのです。

 彼は突然、私のメガネを投げつけ、メガネは飛んで壁に当たり、コナゴナに割れてしまいました。

 私は、ショックのあまり小声で「何をするんですか?」としか言えませんでした。

「何もしてやしないさ。お前は、さっさと消え失せろ!」

 私は、怒鳴り返そうと思いました。しかし、上司に逆らってケンカして、もし今の職場を辞めたら、私にはほかに仕事の口が見つかりそうにありません。のみならず、私は子供の学費を払わなければならないうえに、これからまた子供が生まれる、といった状況にありました。

 仕方なく、私は割れたメガネと砕かれた自尊心を拾って、言われたとおりにするしかなかったのです。腹が立ち、挫折感と悔しさのあまりに涙が込み上げました。今こうして思い出すと、また悔しい思いが湧き上がってきます。

 ホーンスタインの調査によれば、アメリカの会社員の実に90%以上が、サラリーマン人生の中で、一度ならず上司の「いじめ」を体験していた。また、ある1日を無作為に選んで調査すると、会社員の5人のうち1人が、何らかのかたちで上司の「いじめ」を受けていた。

 だがホーンスタインは、いじめの「加害者」が悪、「被害者」が善という単純な善悪二元論には立たない。彼の主張は「ヒトの本性」についての(一見矛盾する)2つの洞察によっている。

 ひとつは、「残忍なボス」は突然生まれた異質な人間ではないこと。「人間は本質的に利己的な存在であり、自分を守るためには平然と他者を犠牲にすることのできる残酷な一面を持っている。誰もが「悪の使者」に変身する可能性を秘めていることを肝に銘ずる必要がある。《問題上司》は明日の自分の姿かもしれないという問題意識こそ、この問題を解決に導く第一歩である」という。

 それにもかかわらず、ホーンスタインは「人間は皆、本質的には「良い人間」である」と述べる。ひとはつねに利己的に振る舞うのではなく、たいていの場合は会社の上司だけでなく、同僚や部下にも気を使う(向社会的に振る舞う)。だとしたら、なにがひとを利己的に変えるかというと、それは「環境」だ。

 自動車メーカーのマーケティング部門で働いていた43歳のルイスは、彼の上司がいつも不機嫌で、「目を大きく見開いて、むやみに攻撃し、悪口をわめき続ける」ので、左遷を覚悟で、いじめにはもう我慢できないと伝えた。すると上司は、ルイスをこう怒鳴りつけた。

「馬鹿野郎! お前なんかに何がわかる。俺はプレッシャーで死にそうなんだ。会社を辞めさせられたヤツの数を数えてみろ。俺は自分の仕事を片づけ、そのうえ首になったヤツらの後始末もしなきゃならない。お前の泣き言に付き合っている暇はないんだ。俺は瀬戸際に立たされているんだ」

 人間は、プレッシャーを受けると、わが身を守るために本能的に攻撃に転じる。問題は上司の人間性ではなく、リストラと成果主義によって「追いつめられた上司の心理」と、その結果として起きる「部下への攻撃行為」なのだ。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。