福岡堅樹氏が明かす、ラグビーと医学部受験を両立できた生活習慣の秘密Fukuoka Kenki
1992年、福岡県生まれ。5歳からラグビーを始めた。福岡高校では3年時に花園(全国大会)に出場し、2012年に筑波大学へ。翌年には日本代表初キャップを記録した。卒業後はパナソニック ワイルドナイツにプロ契約で加入。その時から今季をラストシーズンと決めていた。この春、順天堂大学医学部に入学。もうひとつの目標、医師を目指す

脳と運動には密接な関係があると言われる。体を鍛えることは、脳にどのような良い影響を与えるのだろうか。それを知る上で最適と思われる人物が、ラグビーW杯元日本代表・ブレイブブロッサムズの福岡堅樹選手だ。2019年W杯での快進撃から1年半。当時、破格のスピードを武器に4つの重要なトライを決めた福岡氏は、この春見事大学受験も突破し、医師の道を歩き出した。熱狂と幸福の記憶から、ふたたびのサクラサク。福岡氏に運動と「脳活」の好循環を生み出す生活習慣について聞いた。(マガジンハウス『ターザン』2021年6月10日号特集「運動は、なぜ脳に効くのか?」より転載)

ラグビーと勉学
両方あって、ここまで来られた

 文武両道。しばしば耳にする言葉ではある。意味するところも明快だ。学芸と武芸の両道に努め、ともに優れていること。現代なら頭脳明晰でスポーツ万能。なのに、なぜだろう、例えばと問われると、像をただちに結ぶのは難しい。

 それでも、小学校の頃を思い出せば、学年にひとりはいませんでしたか。足が速くて、ボールなんかも遠くに投げられて、テストはだいたい百点満点。

 そう、それです。そしてここで問いが浮かぶ。彼らは今でも両道を努めているだろうか。勉学とスポーツの両立。きっと簡単ではなかったはずだ。一本に絞れ。そんな声も外野から聞こえてくるかもしれない。人生ってそういうもんさ、なんて冷笑は、しかしこの際、捨て去ってほしい。

 なぜならここにいる。福岡堅樹。2019年ラグビーワールドカップで、一躍列島のヒーローとなった。左胸に桜のマークのジャージを着て、楕円のボールを持てばたちまち加速。アイルランド、フィジー、スコットランドの大男たちを、芝生の上に置いてけぼりにした。大会後には公式サイトにおいて「別格だった豪華な7人」にも選出(日本人で唯一)。つまり、ワールドクラスである。

 それなのに。いや、それだからこそ、今年、志望校の入学試験を突破した。春からは順天堂大学医学部(私大医学部の難関トップ3)に入学し、医師になるための勉学を始める。ラグビーの現役生活はここまで。5年前、パナソニック ワイルドナイツへの入団の際に決めたとおりに、29歳で太く短い現役を終える。

「プロとしてやっていくと決意した時から、この歳でやめて、医師を目指すことは決めていましたから」

 福岡堅樹は決めていた。つまり、たまたま2本の道が拓けたわけではないのだった。トッププレーヤーから医師になる。そのための勉強をずっと続ける。たとえ有言はできたとしても、実行するのは難しい。だって身を置いたのはラグビーの最高峰。鍛えたカラダをさらに追い込み、モダンな戦略を頭に入れる必要もある。そのうえで英文法に微分積分に化学式。自分がやるわけでもないけれど、はっきり言って、やんなっちゃう。聞いてみよう。