福岡堅樹氏の類まれなキャリアを培った、頭と体の「切り替え術」Fukuoka Kenki
1992年、福岡県生まれ。5歳からラグビーを始めた。福岡高校では3年時に花園(全国大会)に出場し、2012年に筑波大学へ。翌年には日本代表初キャップを記録した。卒業後はパナソニック ワイルドナイツにプロ契約で加入。その時から今季をラストシーズンと決めていた。この春、順天堂大学医学部に入学。もうひとつの目標、医師を目指す。

脳と運動には密接な関係があると言われる。体を鍛えることは、脳にどのような良い影響を与えるのだろうか。前々回前回に続き、ラグビーW杯元日本代表でこの春医学部への入学を果たした福岡堅樹氏のインタビューをお送りする。体と頭を効率よく使って大きな成果をあげるための「切り替え」の妙とは何か。(マガジンハウス『ターザン』2021年6月10日号特集「運動は、なぜ脳に効くのか?」より転載)

カラダも頭も
今できることを全力で

 順風満帆。確かにそうかもしれない。そのキャリアを俯瞰してしまえば、ずーっとその帆はパンパンに膨らんでいるかのよう。しかしもちろん、具体的な曲折だってある。「持久走はずーっと苦手」だったし、本音で言えば「ダラダラするのが好き」。それに例えば、高校2年生の時には、シーズンを棒に振るほどの大怪我をしたこともある。さらにもっと大きな壁だって。2015年、W杯に向けての合宿で、ラグビーを嫌いになりかけた。

「極限まで追い込まれました。あとで分析しましたが、初めてキャパをオーバーしたんだと思います。1ヵ月間の合宿で、もうイヤだと。その年は結局、年間の半分を合宿に充てるようなスケジュールでしたし、その期間の長さ、トレーニングの量と強度もそうですが、エディーさん(エディー・ジョーンズ。当時の日本代表のヘッドコーチ)は、特に若手にプレッシャーをかけてくるので。そうやって追い込まれて、しかも逃げ場もない状態で、切り替えるような場所も時間もなくて」