橘玲の世界投資見聞録 2012年11月29日

[橘玲の世界投資見聞録]
インドネシア・東南アジアにはびこる“汚職”という文化

ヒンドゥー遺跡プランバナン。ボロブドゥールと並ぶ観光名所 (Photo:©Alt Invest Com) ※写真は本文とは関係ありません

以下で紹介するふたつの例は、白石隆『崩壊 インドネシアはどこへ行く』(NTT出版)からのものだ。
 

―――――
 スハルト時代の末期には、国営企業の保有していた土地が、なんの記録もないままに民間企業のものになっている、という事態が頻発した。たとえば北スマトラでは、国営の農園会社が経営していた12万ヘクタールの土地が、わずか7、8年で4.5万ヘクタールになってしまった。7.5万ヘクタールの土地は入札もなしに売却されたが、いくらで売ったのか、その金はどこにあるのか、なにひとつわからない。この土地を手に入れたのは、スハルトや州知事、県知事のファミリー企業や関係者だった

――――

 スハルトが倒れ民主化が始まると、インドネシア各地で村長のつるし上げが始まった。中央政府から下りてくる開発資金や村の財政田の売却代金の行方がわからなくなっているのだ。

 インドネシアでは、村長に当選するにも多額の金がかかる。都市に近いほど必要な資金は多くなり、たとえばジャワ島の古都ジョグジャカルタ郊外の村では、立候補の資格試験に3000万ルピア、選挙運動に2000~3000万ルピアかかるという。

 インドネシアでは、公職に立候補するには資格試験を受けなければならないが、このとき県知事や地区軍管区司令官などに付け届けをしておかないと合格できない。選挙費用というのは、有権者に投票を依頼する“実弾”のことだ。

 村長選にかかる費用は5000~6000万ルピアで、スハルト時代の為替レートだと日本円で250万~300万円に相当する。こんな資金はとてもないから、候補者はみんな華人の高利貸しから選挙資金を借りている。

 1979年、地方自治法が改正されて、村長の任期が8年になった(それ以前は終身)。当選した村長は、限られた期間で借金を清算し、蓄財しなければならない。そのためにかなりの無茶をしているから、後から「あのカネはどこに行った」と問い詰められても答えようがないのだ。

 各地の村で村長をつるし上げたのは、改革派や左派の活動家・学生たちだが、中心になったのは村長選で落選して利権に与かれなかった村の有力者だった。

―――――

 

 2004年、インドネシア史上はじめて民主的な選挙で大統領に選ばれたユドヨノは、KKN(腐敗・癒着・縁故びいき)の撲滅を最重要の目標に掲げた。

 IMFから援助を受ける条件として「統治」「透明性」「説明責任」を要求されたこともあるが、こうした外圧だけでなく、インドネシア国内でも、この悪弊を断ち切らなければ国の発展はないという合意が生まれていたからだ。

 こうして2003年末に、独自の捜査権と公訴権を持つ「汚職撲滅委員会(KPK)」が発足し、国会議員や州知事、前閣僚や中央銀行役員ばかりか、警察、検察、裁判所にまでメスを入れ、国民の喝采を浴びた。

 ところがその後、事態は一変する。2009年、汚職を取締るKPK委員長が殺人事件の黒幕として警察に逮捕され、一審で禁固18年の有罪判決を受けたのだ。委員長は「はめられた」と主張し、謀略を証明するようなスキャンダルも起きた。KPK副委員長2人も収賄容疑で警察に逮捕されたのだが、それが捜査対象の企業家が捏造したものだと明らかになったのだ(佐藤百合『経済大国インドネシア』〈中公新書〉)。

バティック(ジャワ更紗)の店が並ぶジョグジャカルタ。歩道を観光馬車が行き来する (Photo:©Alt Invest Com) ※写真は本文とは関係ありません

『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 』

作家・橘玲が贈る、生き残りのための資産運用法!
アベノミクスはその端緒となるのか!? 大胆な金融緩和→国債価格の下落で金利上昇→円安とインフレが進行→国家債務の膨張→財政破綻(国家破産)…。そう遠くない未来に起きるかもしれない日本の"最悪のシナリオ"。その時、私たちはどうなってしまうのか? どうやって資産を生活を守っていくべきなのか? 不確実な未来に対処するため、すべての日本人に向けて書かれた全く新しい資産防衛の処方箋。 

★Amazonでのお求めはコチラをクリック!
★楽天でのお求めはコチラをクリック!

 <執筆・ 橘 玲(たちばな あきら)>

 作家。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券編』(以上ダイヤモンド社)などがある。ザイ・オンラインとの共同サイト『橘玲の海外投資の歩き方』にて、お金、投資についての考え方を連載中。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。