動脈硬化を招く「食後高血糖」にご用心!リスクを減らせる有酸素運動とは大切な血管を守るため、日頃から心がけるべき有酸素運動とは(写真はイメージです) Photo:PIXTA

運動によって心身を健康に保つためには、どうしたらいいのか。命を守るために最も重要なインフラである血管について考える。血管にダメージを与えるものとして近年話題なのが、食後に血糖値が急激に上がる「食後高血糖」だ。その防止策とは。(マガジンハウス『ターザン』2021年6月10日号特集「運動は、なぜ脳に効くのか?」より転載)

大切な血管を傷つけてしまう
「食後高血糖」の怖さ

 血管にダメージを与えるものとして近年話題なのが、食後に血糖値が急激に上がること。食後高血糖(血糖値スパイク)だ。食後高血糖が起こると、有害な活性酸素が生じやすくなり、動脈を傷つけて動脈硬化が起こりやすい。

 血糖値が上がり、下がらなくなるのが、糖尿病。他の生活習慣病と同じように、かなり進行するまで痛みや不快感などの自覚症状はない。

 糖尿病の判定には、空腹時の血糖値や、過去2ヵ月間の血糖値の平均値を示すヘモグロビンA1c(HbA1c)が用いられる。だが、空腹時血糖やHbA1cが正常でも、食後高血糖が起こっている可能性は否定できない。とくに食後に眠くなる人は、食後高血糖が生じ、その反動で血糖値が急に下がっている恐れがある。

動脈硬化を招く「食後高血糖」にご用心!リスクを減らせる有酸素運動とは糖尿病ではない健常者を対象とした実験。食後の血糖値の上昇を比べると、運動をした群の方が有意に低く抑えられている。Chinmay Manohar et al., Diabetes Care 2012 Des; 35(12): 2493-2499.
拡大画像表示

 食後高血糖から血管を守るのは、筋トレと有酸素運動の組み合わせ

 血糖の最大の引き受け手になるのは、筋肉。筋トレで筋肉を肥大させると、血糖の貯蔵庫が広がるので、食後高血糖が抑えられる。

 加えて、食後にウォーキングや階段昇降などの軽い有酸素運動を行うと、運動のエネルギー源として血糖が消費される。それにより、食後高血糖は避けられるのだ。