新興国投資 2012年11月30日

セントクリストファー・ネイビスは
通信販売で市民権が買える国?!
[木村昭二のどんとこい!フロンティア投資]

セントクリストファー・ネイビスの
市民権を得るメリットは何か?

首都バセテールの観光スポットの1つでもある「聖ジョージ英国教会」 (Photo:©木村昭二)

 もちろん、多くの移住者には他の目当てがあります。本連載読者なら薄々勘付いておられるかもしれませんが、セントクリストファー・ネイビスは、所得税や相続税がない「完全無税タックスヘイブン」に該当するのです。1年以内の国内資産の売却を除けば譲渡税もなく、法人税も国内法人に対しては35%と低め(輸入税、印紙税、源泉税はあります)です。

 さらに、同国のパスポートを所有していれば、世界125 カ国以上の国々にビザなしで渡航でき、カリブ共同体CARICOM加盟国に無制限に滞在することも可能になります(ちなみに、日本のパスポートでビザなしで渡航できる国は、世界154カ国です)。そのため、出身国によっては、同国の市民権を得ることにメリットを感じる人もいるようです。

 現地コンサルタント会社によると、同プログラムで国籍を取得しようとするのは、米国人、英国人、中国人が多いとのこと。「日本人もいる」と言っていましたが、真偽のほどは定かではありません。

 それにしても30万ドルといえば、約2470万円です。老後資金がいかほどあるかにもよりますが、ややお高いと言わざるを得ません。え? もっと安く国籍が買える国はないのかって?

 実は、あります。申請者本人が現地に行っていただく必要はありますが、同じカリブ海の某小国なら、XX万ドルから市民権が買えてしまいます。が、そろそろ字数が尽きそうです。某国の調査結果はまた次の機会に。お楽しみに!!

 

首都バセテールに着陸寸前の飛行機から撮影。ネイビス島の最高峰ネイビス山(標高985メートル)を望む。治安も良くのどかではあるが、この国に移住してはて何をしよう (Photo:©木村昭二)

 

※日本は二重国籍を認めていないので、セントクリストファー・ネイビスの国籍を取得したとなれば、日本国籍を召し上げられてしまう可能性があります。退路を断って移住する覚悟がある方にのみ、おすすめします。

 

(構成/渡辺一朗)


<取材・執筆>
木村昭二(きむら・しょうじ)
慶應義塾大学卒業。複数の金融機関、シンクタンク等を経て現在はPT(終身旅行者)研究家、フロンティアマーケット(新興国市場)研究家として調査・研究業務に従事。日本におけるPT研究の第一人者。最新刊『終身旅行者PT資産運用、ビジネス、居住国分散―国家の歩き方 徹底ガイド』(パンローリング)好評発売中!

 

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。