ラオス 2012年12月18日

「歴史上、人口1人当たりの爆撃が最も”重い国”」。
都市部経済成長の裏で、ラオスが抱える不発弾の苦悩

不発弾に狂わされた人生

地元英字紙に掲載された2人の被害者の話である。

■ラッサミー(19歳/男性)
 若さ故の無知が自身の人生を粉々に砕いたと、彼は語った。14歳の頃、経済的に困難な立場にあった彼は、友人たちと一緒に不発弾を掘り起こして得られる鉄くずを売って、生計を立てていた。ショベルを使い、地表から現れたボンビー(クラスター爆弾)を掘り上げた時、彼の人生の全てが変わった。泥を落とす為に軽く叩いた時、爆弾が突然爆発した。彼は、想像を絶する痛みとともに地面に倒れ込んだ。

 彼に残されたのは、片腕と2本の指、片目だった。彼が好きだったセパタクローも、もう出来なくなった。自殺することも考えるようになった。彼が負傷したことで、家族は2100万キープ(約2500米ドル)もの医療費を支払わなければならなった。

■ブンクート(17歳/女性)
 彼女と姉の二姉妹は庭で料理をしながら、見つけたボンビー(クラスター爆弾)で遊んでいた。そして、爆発は、突然起った。妹は即死だった。姉は、生き存えたが片腕を失った。母親は、医者が腕を切断しようとするのを拒んだ。それ以来、彼女は学校に行かなくなった。

 以前の彼女は、ラオス舞踊を踊るのが好きだった。友達たちが恋人と楽しくでかけるのを見るにつれ、心が痛んだ。幸い、彼女は家事手伝い程度の作業ができる。より良い教育を受けてよりよい生活ができるよう夢見ている。

シェンクアン県に多いモン族の村。元気な子どもたちのすぐ側に危険な不発弾がある【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】
モン族の子どもの素朴な笑顔【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】
ポンサワンの学校【撮影/『テイスト・オブ・ラオス』】

 (文/森卓 撮影/『テイスト・オブ・ラオス』)

筆者紹介:森卓(もり・たく)
1977年大阪生まれ、富山育ち。日本では元調理師。約8カ月のバックパッカー旅行の後、2002年よりラオス在住。旅行会社を経てコーディネーターに。04年、ラオス初の日本語情報誌『テイスト・オブ・ラオス』を立ち上げる。雑誌(婦人画報社、講談社他)、写真集(毎日新聞他)、テレビ(NHK BS1、毎日放送他)等コーディネート実績多数。

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。