カンボジア 2012年12月19日

カンボジアで増える海外出稼ぎ
フィリピンに学ぶ、空洞化への警戒

カンボジアでも人材流出の懸念

 労働力は、経済力の弱い国を源流とし、豊かな国へと流れ出る。アジアの中で、カンボジアはどうみても源流に位置する国だ。ここでも、アイミーのように一族の暮らしを背負った男女が、ひとり見知らぬ国で出稼ぎをするのが、「貧困脱却の近道」とされてしまうのだろうか。タイとベトナムという、域内でも経済成長著しい国々にはさまれたカンボジアの行く末が気になる。

 単純労働であれ、技術者であれ、人材を失った国は空洞化する。国内の産業が育たず、海外の出稼ぎ者から送金される資金で、消費への欲求だけが膨らんでいく。今でこそ、新たな日系企業の投資先として見直されているフィリピンだが、人材流出は今も深刻な問題であるはずだ。

 それにフィリピンでは、社会の中で失ってはならない人材が流出していた。「お母さん」だ。フィリピンの出稼ぎ労働者は女性の方が男性よりも多い。看護師や介護士、メードなど女性に適しているとされる職業の出稼ぎが多い。フィリピンでは、母親が出稼ぎで何年間も留守になり、子どもの教育に深刻な悩みを抱える家庭が増えて社会問題になっていた。

 もっとも、カンボジアのフン・セン首相は、労働力の空洞化、社会の空洞化をすでに警戒している。

 首相は12月12日、プノンペンで演説し、「国内の労働力を確保するために賃金を上げる必要がある」と、述べた。特にカンボジアの主要産業である縫製業の労働者について触れ、「縫製業では、労働者の獲得競争が起きている。もし、縫製業界が、労働者にもっと高い賃金を払ったら、彼らは(外国へ行かずに)国内で働くだろう」と、述べた。

 プノンペン・ポスト紙によると、タイでは、最低賃金でも月額300ドルの収入を得ることができるという。同紙は「これはカンボジアの工場労働者の月収の3倍以上」という。

 また、フン・セン首相は、不動産や建築に投資が集中する傾向にある中国や韓国の企業に比べ、国内産業の裾野を広げ、カンボジア人の雇用を創出する日系企業の投資を、とりわけ歓迎しているともいわれる。

 経済統合という掛け声のもと、東南アジア諸国の国境を越えた人の流れはますます太くなるだろう。どの国の人々も、自分の働く場所を選べる社会であって欲しいと思う。

今年7月に「カンボジア日本人材開発センター」で開かれた日系企業による合同就職説明会。大卒者や日本語人材が中心だが、主催者の予想を上回る来場者数で、会場は熱気に包まれた【撮影/木村文】

(文・撮影/木村文)

筆者紹介:木村文(きむら・あや)
1966年生まれ。国際基督教大学卒業後朝日新聞入社。山口支局、アジア総局員、マニラ支局長などを経て2009年に単身カンボジアに移住、現地発行のフリーペーパー「ニョニュム」編集長に(2012年4月に交代)。現在はフリー。

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。