三重県で13店を運営するスーパーサンシは売上高の2割近くを宅配サービスで稼ぐ三重県で13店を運営するスーパーサンシは売上高の2割近くを宅配サービスで稼ぐ 写真:リテイルメディア

三重県鈴鹿市を本拠に店舗展開するローカルチェーンのスーパーサンシ(田中勇社長)。同社は40年以上前から宅配事業を展開し、すでに店舗事業を凌ぐ収益率のビジネスになっている。収益化が難しいとされる宅配事業で同社はなぜ成功しているのか。その秘訣に迫る。

店舗事業よりも
約2pt高い収益率

 スーパーサンシは三重県の中部から北部いわゆる中勢(ちゅうせい)、北勢(ほくせい)エリアで13店を展開。2020年度のグループ合計売上高は437億円のローカルSMだ。注目したいのはその営業形態と売上高構成比である。同社は13店中7店を拠点に、自社商勢圏をすべてカバーするネットスーパー「宅配サービス」を展開しており、全体売上高の2割近くを稼いでいる。

 スーパーサンシの宅配サービスの始まりは約40年前。1980年頃、イオン発祥の地でもある三重県では、各地で大手小売業が台頭しつつあり、規模以外で対抗する差別化策として商品の宅配サービスを開始した。当時はインターネットもないため、電話での受注から始め、自動応答システムを自社開発するなど独自の事業モデルをつくり上げていった。

 セルフサービスのリアル店舗と比べて、宅配サービスは自社で受注からピッキング、箱詰め、配送までと多くの負担がかかることから収益化が難しいといわれる。しかしスーパーサンシはネットや携帯電話の普及を追い風に15年ほど前に黒字化に成功。現在、宅配サービスの営業利益率は店舗事業よりも2ポイント(pt)程度高い水準にあるという。