橘玲の日々刻々 2022年3月24日

「白人至上主義」など
すべての過激主義は「無理ゲー社会」への異議申立て
【橘玲の日々刻々】

 1999年公開の映画『マトリックス』に、主人公のネオが謎の組織の男モーフィアスから、ブルーピルかレッドピルかを選ぶよう迫られるシーンがある。モーフィアスはネオにいう。

「青い薬(ブルーピル)を飲めば、話はここで終わる。おまえはベッドで目覚め、あとは信じたいものを好きなように信じればいい。だが赤い薬(レッドピル)を飲めば、おまえはこの不思議の国にとどまるのだ。そのときは、私がこのウサギの穴がどれだけ深いか見せてやろう」

 このシーンはその後、「レッドピリングする」という新語を生み出すほど有名になった。その意味は、「これまで隠されていた真実を知る」ことだ。

 仏教(マインドフルネス)に魅了されたシリコンバレーのエリートは、瞑想体験を「レッドピル」と呼んだ。だがこの言葉は、いまや圧倒的に極右や陰謀論者のネットミームとして使われている。「世界はディープステイト(闇の政府)に支配されていて、トランプはそれと闘っている」というQアノンの陰謀論は、ネットで流通する「もうひとつの(オルタナ)真実」の典型だ。

Photo :Dmitriy Demidovich / PIXTA(ピクスタ)

 ユリア・エブナーの『ゴーング・ダーク 12の過激主義組織潜入ルポ』(訳者 西川美樹/左右社)は、「レッドピリングした」若者たちのコミュニティに潜入した記録だ。エブナーはロンドンを拠点とするシンクタンク「戦略対話研究所(ISD: Institute for Strategic Dialogue)」の上席主任研究員で、オンラインの過激主義、偽情報、ヘイトスピーチなどを研究対象にしている。ISDは、暴力を引き起こすような過激主義(extremism)にどう対応するかを、政府や治安機関、フェイスブックなどSNSプラットフォーマーにアドバイスしている。

 エブナーは1991年ウィーン生まれだから、この本を書いたときは20代だった。潜入対象は「ジハーディスト(イスラム聖戦主義者)、キリスト教原理主義者、白人ナショナリスト、陰謀論者、過激なミソジニスト」などだが、ここでは「白人至上主義」の組織を取り上げて、彼女がそこでなにを見たのかを紹介してみたい。

「MAtR」のリーダーたちが目指すのは、「白人種の国家、つまりアーリア人種の国を築くこと」

 「woke」は「目覚めた」の意味で、社会問題などに関心をもつ「意識高い系」を指す。「SJW(social justice warrior)」は「社会正義の戦士」で、人種差別や性差別など、社会正義に反する(とされた)言動をした者をSNSで一斉にバッシングし、その社会的地位を抹消(キャンセル)する「キャンセルカルチャー」を主導している。

 アメリカの右翼/保守派はこれまで、wokeやSJW、キャンセルカルチャーを「極左のテロリズム」としてはげしく批判してきた。ところがいまや、極右の若い白人たちのなかからwokeが現われた。彼らの世界観では、わたしたちは「グローバル・エスタブリッシュメントがつくった幻想の世界」のマトリックスにとらわれており、だからこそレッドピリングして「覚醒」しなければならないのだ。

 左派(レフト)の大好きなポストモダン哲学では、真実は相対的なもので、どれが優先され、どれが劣後するかの基準はない。同様に、一世を風靡したアイデンティティ・ポリティクスでは、人種、ジェンダー、性的指向などすべての集団のアイデンティティを平等に尊重しなくてはならない。だがそうなると、白人至上主義者が唱える「真実」や「アイデンティティ」も等価に扱わなくてはならなくなる。こうして左派のあいだに混乱が広がっていることは前回、紹介した。

[参考記事]
●現代の社会科学で「最重要概念」である「インターセクショナリティ」は、「人種」「階級」「ジェンダー」「セクシュアリティ」「年齢」などアイデンティティズの"交差点"

 本書で最初に登場するのは、「MAtR」という白人至上主義者のチャットルームだ。ムッソリーニに影響を与えたイタリアの哲学者で、スピリチュアリズムとファシズムを融合させたとされるユリウス・エヴォラの著書『廃墟のなかの男たち(Men Among the Ruins)』の頭文字からとられたという。

 「MAtR」に入るには審査が必要で、家系や年齢、性的志向、宗教や政治について訊かれたあと、自分の手か手首を撮影して管理者に送る。これは、入会希望者が間違いなく白人であることを確認するためだ。

 無事に審査を通ると、そのチャットルームにいたのは、「秘境的ヒトラー主義」に関心がある20代前半のカナダ人、16歳の自称「リトアニアの国民社会主義者」、「完璧に無宗教で不可知論者」だというニュージーランド出身でアメリカで暮らす17歳の少女などだった。そんな参加者たちに共通するのは、遺伝学と生物学に強い関心があることだ。

 「MAtR」のリーダーたちが目指すのは、「白人種の国家、つまりアーリア人種の国を築くこと」だ。この運動は、「北西アメリカ共和国(North West Republic)」として1990年代から始まっているという。

 アメリカ北西部のメイン州、バーモント州、ニューハンプシャー州は白人比率が95%ちかく、都市部を除けば白人しかいない。これらの州から数少ない非白人を排除し、純粋な白人国家の樹立を目指す政治組織が「ノースウェスト・フロント(NWL: North West Front)」で、その「人種国家憲法」は次のよう規定する。

第4条 北西アメリカ共和国における居住権ならびに市民権は、ヨーロッパ諸国の由緒ある家系の混じり気のないコーカサス人種の人間に、完全にいついかなるときも限定されねばならず、彼らは知られるかぎり非白人の祖先を持たず、またその遺伝子構造に非白人のいかなる要素も認められないことが必要である。

第5条 一般にユダヤ人として知られる人種は、文化においても歴史的伝統においてもアジア的な人びとであり、白人とみなしたり、法のもとで白人種の地位を与えられたりすべきではない。いかなる状況においても、いかなるユダヤ人も、北西アメリカ共和国に入ることも居住することも許されるべきではない。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。