橘玲の日々刻々 2013年2月14日

橘玲×藤沢数希 特別対談
「金融幻想の終わり」を語る!(2)
日本の金融ビジネスの現場

藤沢 「トリプルA」のほかの債券に比べれば、住宅ローンなど高リスクのものが入っている分だけリターンが高いのは当然なんです。もともと債券ビジネスって1%とかのリターンで毎年ちょろちょろ利益を稼ぐものなので、そのぶん大きな元本を注ぎ込むんです。それがいいリターンを上げていたものだから「じゃあもっとリスク取っていいよ」と、資金をどんどん入れちゃって。

 「赤信号、みんなで渡れば怖くない」であれだけ大きな損害になったわけですね。株式のほうはそういうことはないんですか。

株のほうが破滅的な大損はしない

藤沢 株は基本的に破滅的な大損はしないんですよ。普段からボラティリティがあって儲かったり損したりがあるので、常にリスクを警戒しているから。ところが債券はほとんどの場合は儲けるけど、元本が大きいから、一回の失敗で破滅的になる。銀行の経営者もトレーダーも「20回のうち19回は儲かるけど、1回に致命的な損失が出る」っていうリスクは、取りやすいんですね。だって、危機が起こるまでは毎年安定して儲け続けるわけだから、すごく優秀に見える。それでボーナスがいっぱい貰えて、危機が起きて、いままでの儲けを全部吐き出しても、最悪会社を辞めるだけですよ。こうしたインセンティブの歪みが、金融危機を引き起こす大きな原因だと僕は思います。

 なるほど。人間の欲望を考えると、そこを変えるのはなかなか難しいかもしれませんね。だから同じ過ちを繰り返すんでしょうけど。

藤沢 経営者もトレーダーも、最悪は辞めたりクビになるだけで、株主は食い物にされた、と言われていますけど、それも違うと思います。株主も最悪は投資した分がゼロになるだけだから、有限責任です。だから、株主も経営者をけしかけてどんどんリスクを取らせたい。それで、本当に破滅的な損失が出たら、最終的な尻拭いは税金が充てられるわけですよね。

 利益が出たら自分たちのものにできて、失敗したら最終的には社会に押し付けることができるわけですからね。今、議論されている金融規制は、銀行に関してはそれをやらせないっていう方向になっていますが。

藤沢 資本をもっと積んでバッファを増やす「バーゼル3」と、大きなリスクのあるトレーディグを禁止する「ボルカールール」の2本立てです。根本的には変わらないけど、潰れにくくはなりますね。でも、手足を縛りすぎるのも、市場主義に逆行してるんですよね。そうするとUBSみたいに債券部門を畳むところや、トレーディグ部門をスピンアウトさせる銀行が出てきます。そういう意味では、ヘッジファンドが盛り上がるかもしれません。

 トレーダーとしてみたら、手足を縛られた投資銀行で仕事をするのと、ヘッジファンドに出ていくのと、どちらがいいんでしょうか。

藤沢 雇われる場合だと、昔は例えばゴールドマン・サックスのプロップ・トレーダーと、ヘッジファンド・マネジャーだったら、一流の投資銀行のトレーダーのほうが、地位も高かったし、報酬も同等以上だったんですけど、最近は逆転してますね。トップ・クラスのヘッジファンドに行ける人は、投資銀行からどんどん移っていますよ。ただ、昔はヘッジファンドは優秀なトレーダーを投資銀行から引き抜く時に、儲けの10%とか、かなりいい契約をしないと引き抜けなかったんですけど、今は買い手市場になっちゃって、そういういい契約はなかなかしてくれなくなっています。

 ヘッジファンドを自分で起ち上げるのはどうですか?

『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 』

作家・橘玲が贈る、生き残りのための資産運用法!
アベノミクスはその端緒となるのか!? 大胆な金融緩和→国債価格の下落で金利上昇→円安とインフレが進行→国家債務の膨張→財政破綻(国家破産)…。そう遠くない未来に起きるかもしれない日本の"最悪のシナリオ"。その時、私たちはどうなってしまうのか? どうやって資産を生活を守っていくべきなのか? 不確実な未来に対処するため、すべての日本人に向けて書かれた全く新しい資産防衛の処方箋。 

★Amazonでのお求めはコチラをクリック!
★楽天でのお求めはコチラをクリック!

 <執筆・ 橘 玲(たちばな あきら)>

 作家。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券編』(以上ダイヤモンド社)などがある。ザイ・オンラインとの共同サイト『橘玲の海外投資の歩き方』にて、お金、投資についての考え方を連載中。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。