カンボジア 2013年2月20日

プノンペンの癒し系休日
”プチ”がカンボジアの生きる道

レベルの高い各国料理

 意外に知られていないのが、プノンペンは国際都市であるということだ。といっても、東京やバンコクのような規模ではないので、これもやはり「プチ」国際都市なのだ。

 1991年の内戦終結後、プノンペンには世界各地からカンボジアの戦後復興のために国際機関や援助団体が集結。プノンペンは多くの外国人が暮らす街になった。そしてカンボジア政府が外資に開放的な政策をとっていることもあり、復興から発展へと移行しつつある今も、多くの外国人を受け入れ続ける町になっている。

 国際都市の副産物は、レベルの高い本場の味、各国料理だ。特に評判がいいのが、中華、韓国、インド、フランスの各国料理。それぞれの国の人が集まる店に行けば、本物の味と雰囲気が楽しめる。ここに住んでいると外食の選択肢が多く、なかなかカンボジア料理に行きつかない、という笑い話もよく聞く。

 さすがに旧宗主国・フランスの料理は、高級フレンチから街のビストロまで、レストランの種類も数も豊富だ。ホテル同様、住宅地のビラを改装した隠れ家的な店も多く、ワインを傾け、隣の席のフランス語に耳を傾けていると、ここがどこかを忘れてしまう。

 カンボジア人はワインが大好きで、街中にはあちらこちらにワインショップがある。いずれも安くて種類が豊富。ショップめぐりも楽しみの一つだ。

シンプルな内装のフレンチレストラン「プチ・フランス」。ブティックホテル同様、住宅地の邸宅を改装した【撮影/木村文】
「プチ・フランス」の一品。この牛肉ステーキのほかに、ポークパテがついたランチセットが9ドル(約810円)。肉は柔らかくジューシー【撮影/木村文】

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。