フィリピン 2013年5月7日

フィリピン「疎開」のすすめ
子どもを国際人に育てたいならフィリピンへ!

2万ドルの退職ビザで親子留学

 日本人の子弟が留学してフィリピンの学校に通うということを想定したらどうなるだろう。

 小学校入学前、あるいはその前後だったら、万能細胞の子どもはすぐにアジャストして問題ないだろうが、フィリピンの授業はほとんどが英語で行なわれるので、小学校も高学年になると、英語がかなり達者でないと授業についていけない。さらにハイスクールともなれば、ほとんどアメリカ人と同等の英語力を有しているのでキャッチアップはまず不可能だ。

 インターナショナル・スクールの場合は、授業はもちろん英語だが、新規にフィリピンにやってきた生徒は必ずしも英語が達者ではないので、マンツーマンの補習授業を十分な語学力がつくまでやってくれる。子どもは学習能力が優れているので、数カ月で通常のクラスに編入できる子も多いそうだ。

 フィリピンには大小さまざまなインターナショナル・スクールがあり、学費が一般の私立校に比べて高いだけに良好な教育環境を提供してくれる。新規にやってきたお子さんは、そんな事情からインターナショナル・スクールに入学させるのがいいだろう。

 入学手続きに必要なのは日本の学校の成績表とフィリピンに滞在する資格(フィリピン国籍か就学ビザなど)、あとは簡単な面接と入学申込書に記入して提出するだけだ。

  ビザについては、親が退職ビザを取得し、子どもが同伴者となる手がある。退職ビザの同伴者は就学ビザが免除されるという特典があるので、母親と子どもが フィリピンで暮らす場合に最適だ。父親は必ずしもフィリピンに住む必要はないが、預託金として2万ドルの定期預金をフィリピンの銀行口座に作る必要があ り、親は35歳以上でなければならない。

 なお、この2万ドルは将来ビザを取り消せば引き出すことができる、利子の付く単なる預金だ。同 伴者は2名なので、お母さんと子ども2人のビザがもらえる。3人目の子どものビザも取るとしたら追加で1万5000ドルの預託金が必要となる。年会費は同 伴者2人まで360ドル、3人目からは1人につき100ドル追加となる。

コンピューターは小学校低学年の子どもにとっても必須アイテムだ【撮影/志賀和民】

(文・撮影/志賀和民)

著者紹介:志賀和民(シガカズタミ)
東京出身。東北大学大学院修了後、日揮(株)入社。シンガポールにをかわきりに海外勤務を歴任。1989年日揮関連会社社長に就任しフィリピンに移住。2007年4月PASCO(サロン・デ・パスコ)取締役。
 

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。