フィリピン 2013年6月3日

フィリピン、夜の路上に出没する
サンパギータ売りの少女たち

シンジケートが暗躍するフィリピンの現実

 マカティでも、カラオケの外の路上でバラを手にした少女が待っている。1本10ペソ(約25円)くらいで仕入れたものを100ペソ(約250円)で売っている。

 カラオケ店で指名するGRO(Guest Relations Officerすなわちホステス)にプレゼントしてやりたいところだが、このバラ売りの少女たちもシンジケートに組み込まれているという。同伴したGROも黙っているだけで、花を買ってやるよう勧めない。

パソンタモのカラオケの前でバラの花を売る少女。皆可愛い顔立ちをしている【撮影/志賀和民】

 エルミタやマカティ・アベニューの繁華街には日中、乳飲み子を抱いてお金をねだるイタ(原住民族のひとつ)のおばさんがいる。哀れそうなやせた顔と眠りこける赤ん坊で同情を引く作戦だが、彼女らもシンジケートの一員だという。

 どこからか調達されてきた赤ん坊は猛暑の中でも眠りこけているが、薬物で眠らされているらしい。彼女らにお金を与えることもシンジケートを潤すだけで、犠牲となる赤ん坊を増やすだけだと注意された。

『課長 島耕作』だったと記憶しているが、インドの子どもたちが観光客の同情を引くためにシンジケートに腕を切り落とされようとする場面で、島耕作がその子を買い取るという話があった。残念なことに、それに近い状況がフィリピンにもあるようだ。

こちらはプエルトガレラのホワイトビーチで手編みのブレスレッドを売る少女【撮影/志賀和民】
キアポやデビソリアでよく見かける買い物袋を売る子どもたち。彼らは親の商売の手伝いをしているにちがいない【撮影/志賀和民】

(文・撮影/志賀和民)

著者紹介:志賀和民(シガカズタミ)
東京出身。東北大学大学院修了後、日揮(株)入社。シンガポールにをかわきりに海外勤務を歴任。1989年日揮関連会社社長に就任しフィリピンに移住。2007年4月PASCO(サロン・デ・パスコ)取締役。
 

 

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。