中国 2013年6月11日

「反日」の煽りを食ったのは日系企業だけじゃない!
“親日”中国人企業家たちの試練とは? 【第3回】

不安はあるが、あえて「日本製」を強調

 さらに追い討ちをかけるように、大型イベントが中止になった。反日デモに揺れた9月、上海では、新エネ・省エネ技術分野、環境技術をテーマとした「日中グリーンエキスポ2012」が開催される予定だった。日本から米倉経団連会長ら財界の大御所が来場するほどの大規模な催しになるはずだったが、それも直前になって中止に追い込まれた。

 林さんが提携する日本側のパートナーも出展を予定していて、林さんはそのサポートをすることになっていた。中国各地から訪れるたくさんのバイヤーに製品をアピールできる、またとないチャンスだった。しかしそれも実現せず、やりきれない思いだけが残った。

 それでも林さんは、やり方を変えようとは思っていない。「どういう事態が起こるかわからないので不安はある」と本音をもらしつつも、それでも「あえて日本製を強調しようと思っている」と強気だ。ビジネスにおいては幾分、状況が改善されてきたというのもあるが、日本側のパートナーとこれまで築き上げてきた信頼関係による部分が大きい。林さんは日本の技術と商品力に、絶対の自信を持っている。その表れとして、今年からは、専門誌やポータルサイトへの広告出稿もはじめた。

 商品を普及することは、日本のためだけではなく「中国のためにもなる」(林さん)という信念もある。これからPM2.5に対応した製品を発売しようと、パートナーと協議中だ。

上海市郊外、松江区にある上海榕源環境科技の工場のライン。小ロットの受注が多いので、必ずしも毎日稼動しているわけではない【撮影/大橋史彦】

日中関係への提言、学生が定期的に相互訪問をすべし

 林さんは、販売エリアを全国に広げようと、代理店の開拓にも力を入れている。北京市、重慶市、陝西省、江蘇省などですでに代理店が決まっているが、地元はともかく、土地勘もない都市で探すのは容易ではない。そこで林さんの力となっているのが、日本留学経験者のネットワークだった。彼らは、日本製品に対するロイヤルティも高いので、話が早かった。

 それでも陝西省など地域によっては、「日本製を強調することに不安を感じている」(林さん)代理店もあるという。日中間に横たわる問題は根が深い。

 しかし、足元の上海では、相変わらず日本製や日系企業の商品に対する信頼は篤い。「同じような商品が2種類あって、片方には『日本輸出商品』と書いてあったら、そちらが選ばれる可能性が高い」と林さんは指摘する。

 日本の家庭にはたいてい、消臭剤や抗菌剤のひとつやふたつが常備されているが、中国の一般家庭で目にすることは少ない。つまり、それだけ可能性があるともいえる。林さんは、そこに期待をかける。

「そう遠くない将来、家庭でも使ってもらえる状況になると確信している。いろいろな方からご心配いただいたが、わたしは自分を、“日本のセールスマン”だと自認している(笑)。日本の環境意識や文化、そしてすばらしい技術を広めていきたい。そのためにも、早く中日関係が正常化してほしい」(林さん)

 いつになったら日中関係が正常化するのか。依然として先の見えない状況が続く。「民間交流を促進するべきだ」といはよく言われているが、林さんは「学生レベルでの定期的相互訪問が有効なのではないか」と提言する。

「両国に、理性を持つたくさんの“知中派”と“知日派”が育つことが両国の将来を左右する」(林さん)

 林さん自身が留学経験者であるがゆえに、強く実感するところなのだろう。われわれ大人たちは、未来を担う学生や子どもたちがいま、相手の国についてどう思っているのかをもっと考えるべきなのかもしれない。

工場内には、まだ広大な空きスペースがあるが、日本の環境技術・製品の効果を体験できる展示場を設置する予定だ【撮影/大橋史彦】

(文・撮影/大橋史彦)

著者紹介:大橋史彦(おおはし・ふみひこ)
福島生まれ、埼玉育ち。法政大学卒業後、バックパッカーを経て編集プロダクションに勤務。2006年に中国移住。蘇州、北京、広州で現地情報誌の編集・制作に携わり、08年より上海在住。情報誌『City bros』の編集長を務めるかたわら、日本のビジネス誌や書籍への寄稿も多数。現在、独立準備中。

 

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。