フィリピン 2013年6月10日

フィリピンから「夢の日本」へ
離婚できない“ジャパユキさん”の「偽装結婚」

離婚制度がない国での離婚手続き

 従来は、離婚の事実が記載されている戸籍謄本を在比日本大使館に提出して離婚証明をもらい、それをCity Civil Registry(登記所)に提出し、その証明書を最寄りの市役所に持っていけばよかった。これで市役所からNSO(National Statistic Office、国家統計局)に書類が送られ、婚姻の資格証明書が発行されるまでさほどの手間ではなかった。

 しかしこれすらジャパユキさんにとっては簡単とはいえない手続きで、これを怠って結婚できないはめになっているフィリピーナも多かった。それがさらに、2009年あたりに法律が改正されたようで、安易に離婚することができなくなってしまった。

 ご承知のとおり、カソリックの国フィリピンには離婚という制度がない。いったん結婚したら、それは生涯有効なのだ。しかし裁判に訴えて「この婚姻は無効である」という判決を裁判官が出したら、その婚姻ははじめからなかったことになり、晴れて独身に戻れる(この手続きを「アナルメントAnnulment」という)。

 このようなお国柄だから、日本に行くために結婚して、フィリピンに戻ったら離婚、などという神を冒涜するような行為が許されるはずがない。そのためか、日本で行なった離婚をフィリピンにおいても有効にするために、裁判所に届けて離婚が正当であるという判決をもらわなければならなくなったのだ。そのためには10万ペソ(約25万円)程度の弁護士費用と、半年から1年半の月日がかかるそうだ。

 ジャパユキさんにとっては気の遠くなるような話だ。念願の日本行きを果たしたとしても、本命の彼との結婚も当分お預けとなってしまう。日本人との結婚・離婚を繰り返し、日本行きの手段にしてきたベテランのジャパユキさんにとっても頭の痛い話だ。

カラオケのGROは日本風に訓練されていて、席に座る姿勢がとても魅力的だ(本文とは関係ありません)【撮影/志賀和民】

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。