フィリピン 2013年9月25日

フィリピーノの五つの「あ……」と五つの愛

4.あと少し(マラピット・ナ)

 フィリピン人の時間のルーズさにほとんどの人は頭に来た経験があるだろう。その原因はさておき、約束した時間をとうに過ぎているので、電話で「いつなったら来るのか」と催促すると、決まって「あと少し(マラピット・ナ)」と答える。

 そしてすぐ近くに来ているはずなのにさらに30分も現われない。歩いても10~20分くらいのところを、なぜ30分もかかるのだ。

 この「あと少し」をけっして信じてはいけない。いつかそのうち来るだろうと、マイペースで他の事をしながら気長に待つか、自分も遅れていくことだ。

5.あと片付けをしない

 事務所や部屋をフィリピーノが使ったらすぐにわかる。なぜなら、パソコンを使っても「あと片付けをしない」ので、いろいろな設定を自分でやり直さなければならないのだ。

 他人のものを使ったのだから「元に戻しておこう」とはけっして思わない。「やったらやりっぱなし」が、フィリピン流だ。

 これを責めると、やはり「マコリット・カ(しつこ)」と逆襲される。「お前は親切心で貸してくれたんだろ。だったらついでに、元へ戻すくらいのことは自分でやれよ」と。

フィリピーノの心に宿る五つの愛

 フィリピン人の心は奥が深くて理解するまで数十年の月日を要するようだが、われわれ日本人にとってネガティブな面ばかりではない。愛すべきフィリピーノをだいぶこき下ろしたので、最後に、フィリピーノの心に宿る、日本人にはもはや失われた「五つの愛」を紹介する。

1) 切っても切れない家族の深い絆、家族愛

2) お年寄りと赤ちゃんを心から愛し、大事にする、弱者への愛

3) 自分の食べ物がなくてもご馳走で人をもてなす心、隣人への愛

4) その日、家族一同が食事をできたというだけで幸せを感じる感謝の気持ち、神への愛

5) 男女の愛に年齢は関係ないという、純粋な愛(ただし、女性が大幅に年上の場合は道徳に反するとされる)

ビコールの農園から周囲のフィリピーノを引き連れてマニラにやってきた息子。彼もフィリピーノ流にはなかなかなれないようだ【撮影/志賀和民】
私の仕事の相棒ジェーン一家をシーサイドマーケットレストランに。喜びのおすそ分けには遠慮なくなく喜ぶのがフィリピーノ流だ【撮影/志賀和民】

 

(文・撮影/志賀和民)

著者紹介:志賀和民(しが・かずたみ)
東京出身。東北大学大学院修了後、日揮(株)入社。シンガポールにをかわきりに海外勤務を歴任。1989年日揮関連会社社長に就任しフィリピンに移住。2007年4月PASCO(サロン・デ・パスコ)取締役。

 

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。