ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

日本はキャッチアップできるか?
見えてきた通信と放送、サービス融合の近未来

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第51回】 2013年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage
OPERA(上)、ACCESSブース Photo by T.K.

 また、チップベンダー大手のインテルは、H.265等の新世代動画圧縮技術を支えるチップはもちろん、それら製品群を組み合わせたスマートハウスを意識したソリューションを展示しており、テレビを軸としたホームネットワークの実現をアピールしていた。

 一方、ハードウェアを前提としたソリューションだけでなく、ソフトウェア側からのアプローチも、今年は活発だった。たとえばブラウザや組込システムで名をはせるOPERAやACCESSは、スマートテレビを実現するためのSDKやミドルウェアを発表し、テレビ受像器メーカーへのアピールをしていた。OPERAについては、日本メーカーとの話し合いも進めており、今後同社の技術が採用された製品が日本市場に投入される可能性もあるとのことだった。

 こうしたコネクテッドTVが今年のIBCで多く取り上げられるようになったのは、スマートテレビが普及しつつあるということを意味するのだろう。昨年(1年半以上前)のCESでは、スマートテレビ一色だったものの、今年は4Kテレビにかき消された格好で、スマートテレビの行方はやや不透明だった。時間をかけてようやく…といったところだろうか。

 実は、そういうわけでもない。むしろ現在スマートテレビで活発化しているのは、タブレットをベースにしたアプローチだ。

 すでに日本でもそうなりつつあるように、高性能化と低価格化に伴い、セカンドスクリーンないしはアナザースクリーンとして、タブレットは普及しはじめている。セカンドスクリーンとは、ハードディスクレコーダとの連動や操作、あるいはテレビを見ながらツイッターを楽しむといった、従来のテレビ受像器との連動のことである。

 ここで注目すべきは、アナザースクリーンだ。2台目のテレビ受像器を購入するのではなく、2台目のテレビ代わりにタブレットを購入し、インターネットを使った映像コンテンツサービスを利用する、というスタイルである。平たく言えば、YouTubeやニコニコ動画のような映像サービスが、世界的に定着しはじめたということである。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧