中国 2013年10月18日

大都市「深セン」VS 地方都市「合肥」は「合肥」の勝ち!?

生活する上で最も重要な衣食住で考えると……

【衣】
 合肥は去年から急に海外のアパレルショップが入ってきました。これまではネットやテレビなどでしか見たことのなかった憧れのユニクロ、H&M、GAP、無印良品などがこの1年で一気に参入してきたのです。

 これまではローカルのヘンテコな店しかなかったのに、いきなり世界的に有名な店があちこちにできたのです。選択肢が増えた合肥の人たちにとっては非常にうれしいことだと思います。

【食】
 私は中国をあちこち飛び回っていますが、安徽省の料理を美味しいとは思えません。しかし外から合肥に来た方の多くが美味しくないと感じている料理も、地元の人からすれば子どもの頃から食べ慣れており、そこに不満を持っている人はいません。さらに最近になって海外のレストランチェーンもどんどん入って来ているので、「衣」と同じく選択肢が増え、これまでに食べたことのないものも手軽に食べられるようになってきています。

 深センにあるような日系スーパー(イオン)や中国版100円ショップ(ダイソー)はまだありませんが、カルフールやウォールマートなどのスーパーは進出済みで、地元の安い食品市場もあちこちにあるので、合肥の人からすれば充分暮らしやすいのではないでしょうか。

省外から来たレストランチェーンのお店に大行列を作る合肥の人たち【撮影/上田尾一憲】


【住】
 合肥は北京、上海、深センなどの大都市に比べてマンションの購入価格も賃貸価格も非常に安いというメリットがあります。

 深センとくらべると合肥の平均給料は2割ほど低いのですが、マンション購入価格は深センと合肥では何倍もの差があり、深センの平均給料あたりの人がマンションを買うのは夢のようですが、合肥だと手の届くところにあります。

 この「衣」「食」「住」から見ても、合肥の人たちは自分たちの暮らしがどんどん豊かになっているのを実感していると思います。常に新しいものが入ってくるワクワク感もあり、将来への期待が非常に高いので、合肥の人が幸せなのはわかるような気がします。

 ただ外国人の我々から見ると、マンションを買う必要はないし、ユニクロやH&Mに行きたいわけでもないし、美味しい広東料理のある深センのほうが圧倒的に暮らしやすいのですけどね。

(文・写真/上田尾一憲)

筆者紹介:上田尾一憲(うえだお・かずのり)
1976年、広島県出身。湖南省の中南大学大学院在籍中に邱永漢氏と出会い、卒業を待たず、2005年から氏が亡くなる2012年5月16日まで秘書とし て中国ビジネスと中国株を直接学ぶ。今年6月まで安徽省合肥市の不動産デベロッパー国耀集団にて投資発展副総監と同集団安徽坤地農業科技有限公司総経理を兼務。 現在は深センにて新しいビジネスを開拓中。著書に『こんなに楽しい中国の「農民画」』(魁星出版)。

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。