インドネシア 2013年11月11日

カラフルなヒジャブ女性が急増!
インドネシア女性とヒジャブの歴史

 ヒジャブの巻き方は数え切れないほどあり、本や雑誌、ネットにも情報があふれています。ヒジャブの柄の流行はファッションの流行とほぼ同じで、小花柄、アニマル柄、蝶や花などの大柄、水玉、エスニック柄など。

 1枚のスカーフで巻くスタイルはちょっと古く、顔に近いところで巻くものと、その上からふわっとかぶせるものの2枚使いが一般的です。2枚の柄や色のコントラストや素材の違いなども楽しんでいる様子です。

 その他、長いスカーフを頭に巻いてその余りで顔の横に花を作ったり、大きなドレープにしてみたり、キラキラしたピンを着けてみたり。素材もシルク、サテン、コットン、レース、しぼりのものなどさまざまです。

 アラブ風・小顔効果を狙って、後頭部に大きな布で作ったコブを着けて、その上からヒジャブを巻くスタイルも流行っています。

 日本でも「盛り」ヘアスタイルが流行ったと思いますが、いつの時代も(ヨーロッパ貴族の女性も競って髪を盛って、美しさを表現していましたしね)、国を問わず、頭に「盛り」があると女性が美しく見えるというのは同じ感覚なんですね。

 本来は肌・髪の露出を控え、夫・家族以外の男性にその姿を見せないようにするためのものなので、あまり派手・オシャレにするものではないと思うのですが、そこがまたインドネシアらしい!

トラディッショナル・ヒジャブも健在。黒以外のピンクやグレーなども多い。JACジャカルタオフィスにて【撮影/長野綾子】


 最近ではジャカルタで、「ミス・ムスリマー」コンテストまで開催されるようになりました(外見の美しさだけでなく、コーランの知識や教養を審査するようですが)。イスラム教徒は女性に優劣をつけることや見た目で競うことについて否定的な人も多く、「ミス」と付くコンテストなどを好ましく思っていないのかと思っていたので、これもかなり衝撃的でした。

 先日、バリ島で開かれた「ミスワールド」も、元々ジャカルタ開催の予定だったのですが、反対する人が出てきたために中止となり、バリ島開催になったという経緯もあります(バリ島はバリ島はヒンドゥ教徒の多い島でイスラム教は10%弱しかいません)。

 若手ムスリムファッションデザイナーも次々に新作を発表。ムスリム服のファッションショーが開かれ話題になりました。

 女性差別の象徴として否定的に見られることもあるヒジャブですが、イスラム教徒の女性だけが楽しめる素敵なファッションでもあり、アイデンティティの主張、悪い虫がつかないようになど、いろいろな意味で、ヒジャブブームはまだまだ続くと思います。

 インドネシア女性が、世界のムスリム女性たちのファッションリーダーになる日も近い!?
 

(文・撮影/長野綾子)

著者紹介:長野綾子(ながの・あやこ)
1976年生まれ。日本語教師としてインドネシアと出会い、2005年からグローバル人材紹介会社JACリクルートメントで、日系企業・日本人求職者のサポートを担当。ジャカルタ在住8年。

 


橘玲著 書籍『幸福の資本論』実践読書会
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。