橘玲の世界投資見聞録 2013年11月14日

「ぜったいに知られてはならない」教会の秘密を守るバチカン銀行
[橘玲の世界投資見聞録]

 よく知られているように、イタリアは北と南で文化や価値観が大きく異なる。北イタリアは経済が発達した世俗的な社会で、第二次世界大戦後は共産党が勢力を伸ばした。それに対して南イタリアは家族や地域の紐帯をなによりも大切にする伝統的な社会で、ひとびとは保守的で敬虔なカトリック教徒だ。そこはまた反社会的組織コーザ・ノストラ(マフィア)が支配する土地でもあった。

 イタリアの現代政治は、右派・中道派のキリスト教民主党と左派の共産党を軸に合従連衡を繰り返してきた。共産党に北イタリアを制圧された右派勢力は、必然的に南イタリアに活路を求めざるを得なくなる。このようにして右派(キリスト教民主党)の政治家とコーザ・ノストラが癒着し、そこにイタリアの共産化を阻止したいバチカンやアメリカのCIAがからむ「謀略の構図」が出来上がったのだ。

 教皇が不審な死を遂げ、疑惑を追及する司法関係者が次々と暗殺されると、バチカンはこれまで経験したことのない批判に晒された。それに加えてバチカンを悩ませたのが、アンブロジャーノ銀行の13億ドルにのぼる負債の責任追及だった。銀行などの債権者は、アンブロジャーノ銀行とバチカン銀行は一心同体だとしてバチカンに弁済を求めたのだ。

 このときバチカンは、責任を認めて賠償に応じることもできないが、だからといって拒絶して裁判に持ち込むわけにもいかないという困難な立場に置かれることになる。この紛争はけっきょく、バチカンには法的責任はないものの「道義的責任」をとって2億4200万ドルを支払うことで和解に漕ぎつけた。

 だがこれは問題の解決ではなく、バチカンが置かれた状況をさらに複雑なものにしただけだった。

 バチカンと債権者との政治決着に尽力したのは、キリスト教民主党の実力者ジュリオ・アンドレオッティだった。アンドレオッティは1972年から1992年のあいだに3回、合計7期にわたって首相を勤めた大物政治家だが、反共右翼としてマフィアやCIAとの関係が常に噂されていた。

 とりわけアンドレオッティが、シチリアマフィアの大ボス、サルヴァトーレ・リイナと抱擁しキスを交わしたことを、その場に立ち会っていたリイナの運転手が裁判で証言したことがイタリアじゅうを震撼させた。頬へのキスは日本のヤクザが杯を交わすのと同じで、首相と山口組組長が兄弟分だったというのと同じ話だからだ。

シチリア最大の都市、パレルモの旧市街には教会が集まる  (Photo:©Alt Invest Com)

次のページ>> スペルマン枢軸卿基金

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。