たぶんキミも、やりたい仕事がハッキリ決まっているわけじゃないと思う(もし、そうじゃなかったらゴメンな)。でも、毎日の仕事が面白くなくてモヤモヤしてる、というのが正直なところじゃないのか?

 でも、それは長い会社生活を歩みはじめた若手社員としては、とても正しい姿だ。安心していいよ。

 変化が激しい時代。会社は、社員全員の人生に責任を負う自信がなくなってきてる。いつ合併吸収や倒産するかわからないギリギリの競争をしてるわけだから。だから個人も、できるだけ下積み期間を避けて今面白い仕事をやりたいと思うようになってきた。社外でも通用するよう成長できるかも強く意識しだした。キミもそうだろ?

 でもな。会社は、キミが思っているほど、短期の視点だけで、若手社員を見てない場合が多いんだ。キミを採用するのに、会社はキミの想像以上にものすごいお金とエネルギーをかけてるんだよ。確かに一生はわからんけど、採用したからには、中堅になるぐらいまでは、続けてほしいと思っているものだよ。

 それにな。少子化の時代でもあるし、若手社員のキミは、会社にとってとても大切な存在。ちゃんと育てたいと思ってるんだよ。企業の人事なんかは、採用と同じぐらい育成をどうするか真剣に悩んでいる。上司も仕事を通じて、徐々に成長してほしいと考えてる。だから、そんなに焦らくても大丈夫。

 繰り返すけど、日々の業務自体はつまらない仕事がほとんど。それでも、その業務を根気強くやり続けることで、いつか大きな成果を上げたり、誰かの役に立って感謝されたりする瞬間が必ずある。これがたまらなく快感なんだ。まさに面白いと思える瞬間なんだ。もうちょっとだけ、長い目で見ていこうよ。