橘玲の世界投資見聞録 2013年12月5日

映画『ゴッドファーザーPART3』に描かれたバチカン・スキャンダル
[橘玲の世界投資見聞録]

松本清張もバチカンのスキャンダルを書いていた

 バチカンのスキャンダルを扱ったそれ以外の作品にもかんたんに触れておこう。

 ポルトガルの若手作家ルイス・ミゲル・ローシャの『P2』(新潮文庫)は、P2の秘密名簿リストを偶然手に入れ、生命を狙われることになった女性記者が、謎の男とともに悪の組織と戦う物語だ。ポルトガルらしく物語に「ファティマ第三の予言」を絡ませたところが工夫だが、小説としての出来ははっきりいって感心しない。

 もっとも著者のローシャは、これはフィクションではなく、「教皇暗殺」に直接かかわった人物の告白と、本人の日記や資料に基づいて書かれたのだと述べている。この証拠書類は、ヨハネ・パウロ1世の没後40年にあたる2018年9月29日午前1時に公開されるという。

 2008年カンヌ映画祭審査員賞を受賞した『イル・ディーボ 魔王と呼ばれた男』は、戦後のイタリア政治を操ったジュリオ・アンドレオッティ元首相の伝記映画で、政治家としての栄華を極めんとして大統領を目指したアンドレオッティがさまざまなスキャンダルにまみれて権力の座から失墜していく姿を描いている。

 いちばんの見せ場は、アンドレオッティがシチリアマフィアの大ボス、サルヴァトーレ・リイナと抱擁しキスを交わす場面。その場に立ち会っていたリイナの運転手が裁判で証言したため、アンドレオッティは窮地に追い詰められていく。

 とはいえ、これも娯楽作品としてはあまりお勧めできない。主役を演じるトニ・セルビッロは素晴らしい演技だが、イタリア現代史のかなりの知識がないとなんの話をしているのかまったくわからないだろう。

 あまり知られていないが、バチカンのスキャンダルを舞台にした小説に松本清張の『霧の会議』(文春文庫)がある。アンブロジャーノ銀行頭取ロベルト・カルヴィがブラックフライヤーズ橋に吊るされる場面を日本人のカップルが目撃し、P2の暗殺者に追われることになるという設定で、巨匠が“イタリアの黒い霧”に挑んだ。

 文庫本上下2巻で1000ページを超える大作で、せっかくの機会なので2日間かけて読んでみた。

 物語のベースになるのは、ヤロップの『法王暗殺』とラリー・ガーウィンの『誰が頭取を殺したか』(新潮文庫)だ。清張独自の推理は薬で意識を失ったカルヴィを橋に吊るした方法だけで、それ以外は先行する2冊に書かれた「フリーメーソンの陰謀」が解説されている。

 1984年から2年間にわたる長期の新聞連載で、物語を破綻なく進めるために、事件の真相をあらかじめ明かしたうえで、登場人物が右往左往する様を描くという構成になっている。読者は真相をすべて知っているので、正直、読書の快楽はあまり感じられない。

 それにもかかわらず最後はまとめ方に苦慮したようで、主人公の一人(カルヴィの殺人現場を目撃した日本人女性で、カトリック信者でありながら大学の助教授と不倫旅行をしていた)がいきなりスイスの修道院に出家し、なんの説明もなく自殺してしまう。そのうえ彼女の遺骨を受け取った日本人ジャーナリストは、遺族に知らせることもなく、「このひとは日本に帰りたくないに違いない」と決めつけてその場で散骨してしまう。1000ページ読んでこの結末では、清張ファンといえども落胆するのではないだろうか。

 とはいえ、3週間におよぶヨーロッパ取材の後、松本清張が長期の新聞連載を始めたのは75歳で、その旺盛な執筆意欲には驚嘆するほかない。1980年代半ばに、ロンドンのシティ、モナコ、スイス、リヒテンシュタインなどヨーロッパのタックスヘイヴンを舞台にした作品を書いたのも巨匠の慧眼というべきだろう。

 

 <執筆・ 橘 玲(たちばな あきら)>

 作家。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券編』(以上ダイヤモンド社)などがある。ザイ・オンラインとの共同サイト『橘玲の海外投資の歩き方』にて、お金、投資についての考え方を連載中。

 
『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 』
 

作家・橘玲が贈る、生き残りのための資産運用法!

アベノミクスはその端緒となるのか!? 大胆な金融緩和→国債価格の下落で金利上昇→円安とインフレが進行→国家債務の膨張→財政破綻(国家破産)…。そう遠くない未来に起きるかもしれない日本の"最悪のシナリオ"。その時、私たちはどうなってしまうのか? どうやって資産を生活を守っていくべきなのか? 不確実な未来に対処するため、すべての日本人に向けて書かれた全く新しい資産防衛の処方箋。

★Amazonでのお求めはコチラをクリック!
★楽天でのお求めはコチラをクリック!


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。