フィリピン 2014年1月21日

フィリピンを愛しているからこそ、悪いところを探してみた!

議員・役人の汚職体質、金のトラブルは民間レベルまで

 今、新聞やテレビをにぎわしているのが議員の汚職だ。アロヨ政権の9年間に不正に流用されたポークバレル(国会議員向け優先開発補助金)は1兆ペソ(約2兆2000億円)に達するという。

 上がこうだから、末端の役人の汚職あるいは賄賂体質は押して知るべしで、役所は袖の下なしではてこでも動かない。ちゃんと働いて手にする代償以外の濡れ手に粟の利益を模索する体質が染み込んでいる。

ポークバレルの不正流用を仕組んだ罪で国会喚問を受けるナボレス被告は、身の危険を感じてか防弾チョッキを着て国会の尋問に応じた【撮影/志賀和民】

 お金に関する感覚は民間レベルでも同じで、愛の代償に家を持っていかれたとか、貸した金が戻らないとか、頼りにすべき古参の日本人が新参の日本人を騙すとか、こんな話は枚挙に暇がない。

 フィリピンで日本と同じ感覚で金を出すと、とんだしっぺ返しを被ることになる。これもフィリピンにかぎらないことだが、日本人は他人を信用してあまりにも安易に大金をはたくと評判で、よほど気を確かにして財布の紐を締めておかないと、早晩虎の子の退職金を失ってしまいかねない。

 100万円あればフィリピンでは一家族が5年ものあいだ暮らしていける。フィリピン人にとっては命を張ることさえもいとわない大金なのだ。

アンヘレスのクラブのきれいどころ。愛を金で買おうとするのがそもそも間違いの元だろう【撮影/志賀和民】

 最近、フィリピンは「世界」の名を冠するニュースで持ちきりだ。2013年の「ミス・インターナショナル」と「ミス・ワールド」はフィリピン代表がともにグランプリ、そして「ミス・ユニバ-ス」でもフィリピン女性が3位に入賞した。アメリカの旅行雑誌「travel+leisure(トラベル+レジャー)」のベストアイランドでは、パラワン島は世界一、ボラカイ島が世界2位になり、パラワンの海中洞窟は「新・世界七不思議 自然版」(新世界七不思議財団・主宰)に選ばれた。女性の地位の高さについても世界5位で、日本の105位をはるかに凌駕する(「男女格差報告2013年版」についてはこちら)。

 その一方で、前述のマニラ空港の第1ターミナルは今年も世界ワースト・ワンに選ばれた。さらに最近は史上最大というモンスター台風に襲われて世界中の話題になっている。

 良きにつけ悪しきにつけ、フィリピンも世界の注目を浴びてきたということだろう。

(文・撮影/志賀和民)

著者紹介:志賀和民(しが・かずたみ)
東京出身。東北大学大学院修了後、日揮(株)入社。シンガポールにをかわきりに海外勤務を歴任。1989年日揮関連会社社長に就任しフィリピンに移住。2007年4月PASCO(サロン・デ・パスコ)取締役。

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。