新興国投資 2014年1月31日

カンボジア指数構成銘柄は1社のみ
待望の上場2社目は誕生するか!?
[どんとこい!フロンティア投資]


 そんな具合ですから最初は「やれやれ、またか…」と思ったのですが、今回はしっかり機関投資家向け説明会からブックビルディングまでの日程、公募価格決定までの段取り、上場予定日までが具体的に記載されています。これはいよいよ2社目の上場が実現するかもしれません。

 これを機に人々の関心が再び株式投資に向かえば3社目、4社目…と続く展開も考えられます。言い方を換えれば、グランドツインズインターナショナル社の上場の成否に、カンボジア株式市場の向こう数年間がかかっていると言っても過言ではありません。

 グランドツインズインターナショナル社とは投資に値する企業なのか? 今度こそ本当に上場できるのか!?  主幹事証券のアナリストに案内役をお願いし、現地調査に行ってきました。

グランドツインズインターナショナル社の縫製工場。受注の増加に伴い生産ラインもどんどん増やしている。(Photo:©木村昭二)

 

IPO資金で新工場を建設予定
意欲溢れる縫製企業を訪問


 グランドツインズインターナショナル社は1997年創業の縫製会社です。台湾系で資本金200万米ドル(約2億円)、プノンペン郊外に32000平米の工場があり約5700人の従業員数が働いています。主たる取引先は「アディダス」など世界有数のブランド(アディダス向けが受注全体の87%を占める)であり、OEMよりも一歩進んだODM(商品企画から製造までを請け負う)を手掛けているとのこと。アディダスへの依存度の高さが気になるところではありましたが、現地視察で「それだけではない」ことも確認できました。

 工場には大量生産品の製造ラインが52と、サンプル品の製造ラインが13。1カ月間に65万着の衣料を生産する能力があり、年々増強しているそうです(2012年は前年比8.3%増)。それに伴って売上と利益も増加しており、2015年には9000万米ドルを売り上げる計画になっています。

次のページ>> 工場見学の印象は?

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。