橘玲の世界投資見聞録 2014年2月13日

モロッコのベルベル人たちが日々直面する
「支配」と「被支配」の構図
[橘玲の世界投資見聞録]

 砂漠のテントに泊まって日の出を見て、荷物を預けたホテルでかんたんな朝食をとると、3日目はずっと車での移動になる。

 砂漠からカスバ街道へと向かう道に入ると、ヨセフの携帯がさっそく鳴りはじめる。ベルベル語でひと言ふた言話すと、ヨセフは続けて3件電話をかける。同じことが何度か繰り返されたあとで、なにをしているのか聞いてみた。

サハラ砂漠への入口、ワルザザード郊外にあるアトラス映画スタジオ   (Photo:©Alt Invest Com)

 ヨセフに説明によると、これはスピード違反の取締りの情報交換だという。

 モロッコツアーの幹線道路であるカスバ街道では、オービス(スピード測定器)による取締りがあちこちで行なわれている。取締りの場所はその日によって異なるので、最初に遭遇した車がその情報を仲間に伝えるのだ。

 警察情報はいったんすべてヨセフに集約され、そこから決められた順序で伝えられていく。ここにも優先順位があって、真っ先に伝達するのはヨセフの配下にあるドライバー、次が親会社の関係者で、最後が知り合いだ。モロッコはベタな人間関係の伝統的な社会なので、情報を気前よく提供しておけば、いずれどこかでお返しがあるのだ。

「アラブ人」対「ベルベル人」という民族対立の縮図

 カスバ街道に入ると、警察による取締りが頻繁に行なわれているのを目にすることになる。もちろんその時には当日の取締り地点はすべてわかっているから、手前で減速して難を逃れるのだが、そのあとヨセフは対向車にパッシングして取締りを教えている。

モロッコツアーの幹線道路、カスバ街道     (Photo:©Alt Invest Com)

 最初は情報網から漏れている旅行業者のためかと思ったが、彼らは毎日のようにカスバ街道を走るのだから、未認可の業者であってもなんらかのネットワークに入っているはずだ(そうでなければたちまち免停になって商売ができなくなってしまう)。ヨセフは純粋な“公共心”によって、見ず知らずのドライバーに危険を知らせているのだ。

 制限速度を守っていても警官に車を停められることもある。私たちは2回遭遇したが、いずれも免許証とガイドの登録証を確認したあと、一度は三角板(事故などのときに後続車に知らせる停止表示機材)を、もう一度は薬を見せるよういわれた。

 モロッコでは、旅行業者は顧客が病気になった時のために決められた薬を常備していなければならない。警察官はこの薬の使用期限をチェックして、1日でも過ぎていると罰金を徴収するのだという。

 ヨセフの友人の一人は、常備薬の違反で5000ディルハム(約6万円)の罰金を払わされた。だがこのとき、使用期限が切れていたのは顧客用の薬ではなく、彼が個人的に服用していた薬だった。友人はそのことを何度も説明したが、「顧客用であれ個人用であれ規則は同じだ」と突っぱねられ、旅行業の免許を取り上げられてしまうので、泣く泣く高額の罰金を支払ったという。
「これは顧客のための規則だろ。自分の薬の使用期限なんて関係ないじゃないか。こんなバカげた話、信じられるかい?」と、珍しく頬を紅潮させたヨセフがいった。

 この問題が難しいのは、警察官と旅行会社のドライバーの対立にとどまらないことだ。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。