タイ 2014年3月25日

タイ版「レモン白書2013」 現代タイ女子大生事情【第2回】本音トークの覆面座談会 “元”女子大生に訊け!

もっと心を開いてほしい! 1枚膜があるみたいな隔たりを感じる

「日本人の上司に望むことは何でしょう」

ホテル:日本人の上司には、もっと私たちタイ人に心を開いてほしいと思う。1枚膜があるみたいな隔たりを感じる。

自動車:私もそれは、感じます。もっとタイ人のことを信用してほしいです。国が違うというのはあるけれど、能力だけを見たらタイ人もそれほど違わないと思うもの。もし上司が私たちをもっと信頼してくれたら、彼の仕事も楽になると思うのに。

語学校:私ももう少し心を開いてほしいと思います。私に直接言う前に、ほかの日本人の先生に先に言ったりしているの見るとあまりいい気がしません。

自動車:私もそうですが、タイ人はなあなあで済ませちゃうことが多いじゃないですか。まじめな日本人と一緒に仕事をしていると、こちらも一生懸命仕事をしているつもりでも、悪いなって思うことがあります。たまに私がタイ人であることに申し訳なく思うこともありますね。

ホテル:日本人がタイの文化を理解していないっていうのもあるわね。以前、タイ人スタッフがお客さんの前で失礼な態度を取ったことがあったの。それを見た日本人が、後でそのスタッフに、あなたの両親は何を教えていたの、って怒った。その人はきついことを言ったつもりはなかったと思う。日本では、行儀は親が教えるべきものだから。

でも日本人にしてみたら普通のことでも、私たちタイ人からしたら、両親のせいにするのは絶対ダメ。ものすごく怒る。その辺のニュアンスが分かっていない。

「日本人の恋人がいるタイ人女性をどう思いますか?」


自動車:西洋人と付き合っているタイ人と比べたら、すごく普通に思えます。だって、西洋人と一緒にいるタイ人女性ってどうしても売春婦ってイメージがするじゃないですか。 固定観念ですけどね。日本人とタイ人だったら、お互いに愛し合っているんだろうって思えちゃう。

ホテル:そうね。私もそんな風に見ちゃうかも。西洋人はプレイボーイが多い。40歳とか60歳になってもお酒を飲むのが大好きで夜遊びに行くし、いつも違う女性を連れている。私は無理ね。

自動車:日本とタイには精神の奥深くで共通している部分がありますよね。タイでは絶対王政が敷かれていたように、日本でも天皇が統治する時代があった。そういうところで、タイ人と日本人って分かり合えるんだと思います。

語学校:そうなんですね。私にも日本人が恋人の友だちがいますが、そんな感じがします。 どこかで分かり合えているというような。その友だちが言っていたのは、日本人は細かいところによく気が付くってことです。何かほしいって思っていると、いつの間にか持って来てくれたりするんですって。すごく愛されていると思いましたね。

日本人上司と距離感を感じる、というタイ人は多い。プライベートと仕事をきっちり分ける日本文化と、その辺りの境界があいまいなタイ文化の違いのせいか。

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。