橘玲の世界投資見聞録 2014年4月24日

映画で理解するレバノン内戦と数奇な現代史
[橘玲の世界投資見聞録]

 だが82年9月、大統領に当選したばかりのバシャールが爆殺されてしまう。これに激昂したキリスト教徒の民兵組織は、犯行はPLOの残党によるものだとしてベイルート郊外のパレスチナ人難民キャンプを襲い、2日間にわたって一般市民が殺戮される悲劇が起きた。これがサブラー・シャティーラ事件だ。

 難民キャンプはイスラエル軍によって包囲されており、キリスト教民兵組織の依頼によってイスラエル軍が照明弾を打ち上げるなかで虐殺が行なわれた。この事件によってシャロンとイスラエル政府は国際社会の激しい非難にさらされることになる。

 路上に積み上げられた女性や子どもの死体が映像として全世界に配信されるとユダヤ人社会やイスラエル国内からも批判が噴出し、イスラエル軍はレバノンからの撤収を余儀なくされ、シャロンは国防相を辞任した。パレスチナ問題を“最終解決”しようとしたシャロンの計画は水泡に帰し、イスラエル軍は虐殺を放置した責任を問われ汚名にまみれることになった。

 アリ・フォルマンと友人はこの現場にいて、1人は記憶を失い、1人は毎晩、野犬に追われる悪夢にうなされるようになった。『戦場でワルツを』の最後に挿入されるニュース映像はあまりに衝撃的だ。

 サブラー・シャティーラに居合わせた若いイスラエル兵の一人ひとりが、なぜ自分はあの場でなにもしなかったのか、という問いから逃れられなくなった。事件から26年後につくられた『戦場でワルツを』は、そのひとつの回答なのだ。

カナダ映画『灼熱の魂(Incendies)』

 2010年のカナダ映画『灼熱の魂(Incendies)』は、レバノンに生まれカナダのフランス語圏ケベック州に移住した劇作家ワジディ・ムアワッドの作品を映画化したものだ。

 物語は、ケベック州に住む双子の姉弟が母親の遺言を受け取るところから始まる。母親のナワルは二人に、まだ見ぬ父親と存在すら知らなかった兄を探し出して手紙を渡すよう求めていた。ナワルはレバノン内戦を逃れてカナダに移住しており、二人は意味もわからないまま母親の故郷に向かう(映画では中東の架空の国になっている)。

『灼熱の魂』


 ナワルはレバノン山岳地帯のキリスト教徒の村で生まれ、パレスチナ難民(ムスリム)の男性と恋をして子どもを産むが、村人たちによって二人は引き裂かれ、子どもを孤児院に入れられて村から追放されてしまう。ベイルート(これも映画では架空の都市)の大学生となったナワルはそこで政治運動に目覚め、内戦が勃発すると息子を探して南部に向かう。原題の“Incendies”はフランス語で“火事”のことだが、爆弾、火炎放射器、ナパーム弾など、ナワルが見た内戦下のレバノンを象徴しているのだろう。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。