ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「デジタルな日常」を生きる

Yelpは、アメリカをおいしくしたか?
――米国で実際に利用するユーザーとしての視点

松村太郎 [ジャーナリスト・著者]
【第17回】 2014年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

都市とコミュニティを大切にする

 Yelpに掲載されているのは、レストランなどの飲食店だけでなく、様々な小売店、美容院、自動車修理、病院、公共機関、公園など多岐にわたる。米国の都市の中では、一般的な住宅やアパート以外の街にあるもの全てが登録され、評価されているような状況になっている。

 ユーザーレビューは、ちょっとした街の豆知識も提供してくれる。筆者は先日、免許の更新のために最寄りのDMV(日本の免許試験場のような場所)へ行ったが、Yelpにも掲載されており、ユーザーのレビューで「予約していなくても朝早く行くと、並びはするが比較的早めに用を済ませることができる」という時間短縮術を見つけることができた。

 Yelpの最大の価値はこうしたレビューと、これを書き込んだり活用するコミュニティだという。

 前掲のインタビュー記事でもCEOのジェレミー・ストップルマン氏が指摘するように、旅行サイトではなく地元の人が便利に街で暮らすためのサービスであるため、コミュニティマネージャーを置き、地元コミュニティが活性化するようにつながりを強くする施策を採っている。地元の人が信頼を寄せるサービスは、もしもビジターがやってきても、安心して利用できるはずだ。

 ユーザーは店舗や施設について、星の数の評価と文章によって、評価を付けることができる。またおすすめのメニューやイチオシの製品などの写真を載せることも可能だ。このレビューは実名で表示され、レビュー数をたくさん投稿するユーザーには「Elite」のアイコンが付き、信頼性の証しとなる。

 ただ、このレビューはしばしば辛辣すぎるとしてお店の人から敬遠されることもある。例えば店を深く理解しないままに低い評価を付けてしまうと、後から探している人にとってネガティブな印象を与えてしまうかもしれないからだ。

 Yelpでは、独自のアルゴリズムで不正な投稿をはじくようにしているが、ネガティブな投稿が必ずしもお互いにとってマイナスとも言い切れないかもしれない。

 その理由を感じさせてくれるエピソードを紹介しよう。

「モバイル化でレストランがおいしくなった」

 サンフランシスコ湾周辺のベイエリアで暮らす人にYelpについて聞いてみると、意外な言葉が返ってくることがある。「モバイルでYelpを使い始めたここ数年で、レストランのレベルが上がったという実感がある」というものだ。

 今までレストランのガイドブックなど、編集する人と読者の役割が決まっている状態ではなく、書く人と読む人がコミュニティメンバーで構成されているYelpは、自分の体験を本音で書き込み、それを読む人は実感深く活用する。こうしたサイクルを目の当たりにすることで、今度は店舗側が、顧客にきちんと向き合うようになった。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

松村太郎
[ジャーナリスト・著者]

まつむら・たろう/1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科卒。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「スマートフォン新時代」「ソーシャルラーニング入門」など。

「デジタルな日常」を生きる

スマホ、SNSなど、毎日の暮らしに欠かすことのできなくなったネット環境とデジタルツール。その一方で、セキュリティやプライバシーの問題、ツールへの依存、ネットコミュニティとの関わり方など、日々新たな問題が現れ、状況は変化している。私たちは「デジタルな日常」をどう生きていけばいいのか、米国シリコンバレー在住の記者が、生活者の目線で解説する。

「「デジタルな日常」を生きる」

⇒バックナンバー一覧