アラブ 2014年5月19日

教えて! 尚子先生
「アラブの春」とはなんですか?【中東・イスラム初級講座・第5回】

背景にあった長期政権に対する批判の高まり

 抗議活動の背景としては、ベン・アリー政権が23年という長期政権となっており、その腐敗に対する批判が高まっていたことが挙げられます。

 事件の前にウィキリークスによって、政権の腐敗と一族の蓄財が、さらには政権の後ろ盾と思われていたアメリカが、もはや彼を支持していないことなどが暴露されました。それがアラビア語に翻訳され、流出したために、大統領の支持率はかなり低くなっていたといわれています。

 当時のチュニジアの経済状態はそれほど悪化してはいませんでした(成長率3.8%)。けれども、失業率は14%前後と高かったといわれており、とくに、若年層の失業率は25~30%程度とひじょうに高い状態にありました。

 チュニジアの人口は約1千50万ですが、日本とは異なり30歳以下の若年人口が約50%と想定されています。つまり、全人口の1割は確実に失業者という状況で、1家族に1名ぐらいは失業した若者がいてもおかしくないことになります。

 大学を卒業したにもかかわらず職がなく、なんとか露天商をして収入を得ようとしたブーアズィーズィーに共感できる若者や家族は多く、他人事として捉えるにはあまりにも身近な存在であったと考えられます。

アラブでのタブーを破った焼身自殺の衝撃

 どこにでもいそうな青年が焼身自殺したという点で、チュニジアの人々にとって、ひじょうに衝撃的な事件となりました。

 日本では焼身自殺はめずらしくはありません、アラブでは「あってはならない」ことなのです。なぜなら、まずイスラム教では自殺が禁じられています(自爆テロは聖戦=ジハードと認識されるため例外です)。さらに、イスラムでは最後の審判の日に死者は甦ることが想定されているため、焼身自殺では甦るための身体がないことになり(ですから火葬もしません)、二重でタブーを犯していることになってしまいます。

カスバの商店主=タンジェ:モロッコ【撮影/安田匡範】

橘玲著 書籍『幸福の資本論』実践読書会
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。