橘玲の世界投資見聞録 2014年5月22日

ギリシア正教は、初期キリスト教の形式を残し、
イスラム教成立にも影響を与えた
[橘玲の世界投資見聞録]


 これは、印刷物としての聖書がなかった時代には、イコンこそが信徒にとっての聖書だったからだ。文字を読めない信徒たちも、大伽藍の壁一面に描かれた豪華絢爛なモザイクや壁画(フレスコ)イコンから聖書の教えを知ることができた。イコン(ギリシア語の「イメージ」)とは思いや考えを託す器のことで、器を壊してしまえば中身も失われてしまうから、正教ではすべてがオーソドックス(伝統的)であらねばならないのだ。

オリエントで使われるキリスト教起源の曜日

 正教の特徴を表わすものに暦がある。

 天体の名称を使った西欧由来の曜日は、キリスト教以前にアレクサンドリアからローマに伝えられたものだ。それに対してオリエントでは、キリスト教起源の曜日がいまも使われている。

 日曜日は週の第一の日で、主イエスキリストの日という意味から「主日(キリアキ)」と呼ばれる。

 日曜を基準にして、月曜は「二日目(デフテラ)」、火曜は「三日目(トリティ)」、水曜は「四日目(テタルティ)」、木曜は「五日目(ペムプティ)」で、金曜が「準備の日(パラスケビ)、土曜が「安息日(サバト)」となる。旧約聖書では神は天地創造の後、7日目を安息したとあるから、週の7日目(土曜日)が「安息日」で、その前日の金曜が「準備の日」になったのだ(日曜が安息日とされるのは後世になってからだ)。

 日曜はローマ帝国時代には太陽神の日で、キリスト教が国教になった後、真の太陽はキリストだということで4世紀から主日(主の日)とされるようになった。

 日曜は週のはじめ(第一日)であると同時に、第八日すなわち週末でもある。「主の日」というのは、キリストが復活した日のことだ。それが週の最後の日になるのは、神が復活するのは世界の終わりの日だからだ。

 「8」というのは聖書のなかで特別な数字で、永遠、来世、天国、神の国という意味を持っている。天地創造によりこの世が完璧であることを示す「7」に、唯一の神を表わす「1」を加えたものでもある。神(1)がこの世(7)に降臨したのだから、数字の「8」はキリストの化身なのだ。こうして正教では、キリストが復活する「八の日」に特別な聖体礼儀(復活祭)が行なわれることになった。

 金曜が「準備の日」とされるのは、復活祭に向けて斎(ものいみ)すなわち断食が行なわれるからだ。信徒は日没まで絶食し、晩に行なわれる聖体礼儀に参加して(パンと葡萄酒を食する)領聖してから食事をとる。古くは金曜のほかに水曜にも斎が行なわれた。

 「8」は特別な数字であるから、1週間が8回めぐった第8週が復活祭の成就の週となり、その前の第7週が断食を行なう大斎(おおものいみ)になる。8週ごとの復活祭を繰り返し、春のはじめ(春分の日の後の最初の満月の次の日曜)に盛大な復活大祭が祝われる。


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。