橘玲の世界投資見聞録 2014年5月29日

「泥棒も入らない貧乏長屋」と言われた
世界で3番目に小さい国・ナウル共和国の興味深い歴史
[橘玲の世界投資見聞録]

 ナウルは1999年9月、187番目の国家とした国連に加盟した。台湾もまた国連加盟を目指しているが、安全保障理事会の常任理事国である中国の反対で頓挫してきた。台湾の目的は、国連総会で1票を持つナウルに、経済援助と引き換えに賛成票を依頼することだ(同様の理由で、ニウエ、ツバル、キリバス、マーシャル諸島などの近隣諸国にも台湾の大使館がある)。

 ところが今度は、中国が巻き返しに出た。2002年7月、中国はナウルの財政再建のために現金で6000万ドルを用意し、外資系企業からの融資のうち7000万ドルを肩代わりすると発表した。その見返りにナウル大統領は、「世界に中国は一つしかなく、台湾は譲渡できない中国の領土の一部にすぎない」との声明を発表した。

 だがこの裏切りでも財政は好転できず、大統領が交代した2005年、ナウルはふたたび手のひらを返し、台湾との国交を再樹立した。

 この当時、ナウルはボーイング737の購入費用を工面できず苦境に陥っていた。この商談が成立しないとナウル発着の航空便がなくなり、文字どおりの「太平洋の孤島」に逆戻りしてしまう。台湾は、航空機購入の障害となっていたアメリカの輸出入銀行への債務を肩代わりすると申し出たのだ。

 破綻した太平洋の小国をめぐる中国と台湾の駆け引きを、私たちも笑っているわけにはいかない。日本もまた、ナウルにとって重要な経済援助のパートナーだからだ。

 日本政府がナウルに関心を持つのは、太平洋戦争の戦場として島民が犠牲になったからではない。ナウルが主権国家として、国際捕鯨委員会で1票を持っているからだ。

ナウルを悩ます糖尿病

 ナウルを悩ませているのは財政危機だけではない。現在、この国を蝕む最大の脅威は糖尿病だ。

 ナウルの成人の半分は糖尿病で、男性の平均寿命は50歳以下だ。その理由はもちろん、バブル時代の飽食を変えられないことにある。その結果、人口1万人弱の島にもかかわらず週に2~3人が糖尿病で死んでいる。歴代の大統領ですら、死因のほとんどが糖尿病なのだ。

 ナウル規模の島の場合、人口が1500人を下回ると再生産が困難になり、いずれは誰もいなくなってしまう。ナウルという国は、ゆっくりと世界から消えつつあるのだ。

 だが、ナウルにはまだかすかな希望が残っている。糖尿病に改善の兆しが見えてきたからだ。

 糖尿病という悪霊から国を救うもの――それは財政破綻と貧困だ。

 島に住む医師はこう説明する。

 「ナウルは一文なしとなりました。家長は朝から晩まで魚釣りやココヤシの実の収穫に出かけるという、1世紀前の暮らしに舞い戻りです。さらには、経済危機により、人々の誤った食生活も改善されました。釣ったばかりの新鮮な魚やフルーツをたくさん食べるようになりました。また、釣りに出かけることで、体を動かすようにもなりました」

 そもそもナウルでは、どれほどお金があっても島では使い道がなかった。だから島民は、銀行に預けた大金が消えてもパニックに陥ったり、怒り狂ったりすることなく、ガソリンも電気もじゅうぶんになかった昔の生活へとたんたんと戻っていった。

 バブルの生活は楽しかっただろうが、どうしても取り戻したいものでもない。それにナウルのひとびとは、島にお金が溢れていたときよりずっと健康になったのだ。

 「太平洋の孤島」ナウルの歴史をざっと紹介しただけでも、それがどれほど興味深いものかわかるだろう。「泥棒も入らない貧乏長屋」とバカにするのではなく、そこからはもっと貴重な教訓を見つけ出すことができるはずだ。 


 

 <執筆・ 橘 玲(たちばな あきら)>

 作家。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ベストセラーに。著書に『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券編』(以上ダイヤモンド社)などがある。

最新刊『タックスヘイヴン TAX HAVEN』(幻冬舎)が発売。

ザイ・オンラインとの共同サイト『橘玲の海外投資の歩き方』にて、お金、投資についての考え方を連載中。

 
『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 』

 

作家・橘玲が贈る、生き残りのための資産運用法!

アベノミクスはその端緒となるのか!? 大胆な金融緩和→国債価格の下落で金利上昇→円安とインフレが進行→国家債務の膨張→財政破綻(国家破産)…。そう遠くない未来に起きるかもしれない日本の"最悪のシナリオ"。その時、私たちはどうなってしまうのか? どうやって資産を生活を守っていくべきなのか? 不確実な未来に対処するため、すべての日本人に向けて書かれた全く新しい資産防衛の処方箋。

★Amazonでのお求めはコチラをクリック!
★楽天でのお求めはコチラをクリック!

 


幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。